このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
福井県立図書館 (2110037)管理番号
(Control number)
0000001795
事例作成日
(Creation date)
2020年11月08日登録日時
(Registration date)
2021年02月09日 17時19分更新日時
(Last update)
2021年02月09日 17時19分
質問
(Question)
南越前町八飯にある観音堂の縁起が掲載された文献がみたい。
回答
(Answer)
質問の観音堂に関する縁起が掲載された資料は、確認できませんでした。

簡易な由緒を述べたものは以下の通り。
・日本歴史地名大系 第18巻. 平凡社, 1981.9【H290/H23/1C】:p495;
に「観音堂があり…「帰雁記」に「八飯といふ所に子安の観音を安置せり、此里の者むかしより今に至るまで難産といふ事なし…」と記す」とあり。
・今庄町誌編さん委員会∥編. 福井県今庄町誌. 今庄町, 1979.4【H245/I/1A】:p1223~12224;
に「往古は比叡山無動寺末。養老元年泰澄大師の創建と伝えられる。本尊の聖観音菩薩像は智證大師の作といわれ、また子安観音も奉祀されている…」とある。
・福井県南条郡教育会∥編. 福井県南条郡誌. 名著出版, 1972.7【H245/N/2B】:p1341;1347
の観音堂の項目には「越前名蹟考」を引用しており、また親子畑清水の項目には「古今類聚越前国誌」「帰雁記」を引用している。
・杉原丈夫∥共編 松原信之∥共編. 越前若狭地誌叢書 上巻. 松見文庫, 1971.9【H290/E2/1D】:p69,261,471,545;
「越前地理指南(絵図記)」には「子安之観音堂」の項に「御手洗アリ 親子畠の清水と云 婦人懐妊の時此水を飲は平産安穏也 是故昔より当村の婦人終ニ難産んし 他国遠境よりも此水を求るの由」
「帰雁記」には「八飯といふ所に子安の観音を安置せり。此里の者むかしより今に至るまで難産といふ事なし。親子畠の清水とて御手洗あり。それを他国迄も汲はこびて、産女の薬の水とするなり」
「越藩拾遺録」には「南条郡八飯村観音堂 養老二年開基。智澄大師ノ作仏あり」
「南越温故集」には「南条郡八飯村観音 智澄大師ノ作。養老二年開基」とあり。
・井上翼章∥著 杉原丈夫∥編. 新訂越前国名蹟考. 松見文庫, 1980.10【H291/I/3A】:p150~151;
に「観音堂」「正観音」の項あり。「絵図記」や「帰雁記」の引用はあるが、縁起の引用転載はなし。
・有馬誉純∥編 杉原丈夫∥校訂. 古今類聚越前国誌. 歴史図書社, 1973.6【H291/K2/1A】:p37;
の「親子畑泉」の項に「今庄駅の南八飯村観音の境内に在、名勝記に八飯村の婦人孕むことあれば、此水を呑に必ず平産すと云」とあり。
・杉原丈夫∥編. 越前若狭の伝説. 松見文庫, 1970.2【H388/E/1A】:p598;
の「子安観音」の項は「越前国絵図記」「帰雁記」を典拠とした記載。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
仏会  (186 8版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000293659解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
未解決
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!