このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000072751
提供館
(Library)
名古屋市鶴舞中央図書館 (2210001)管理番号
(Control number)
名古屋市鶴-2010-036
事例作成日
(Creation date)
2010年08月11日登録日時
(Registration date)
2010年10月26日 14時56分更新日時
(Last update)
2011年01月28日 08時44分
質問
(Question)
『名古屋市史 第1 社寺編』の妙安寺の項に「熱田四観音」というのがあるが、熱田四観音の場所がわかるような地図があれば見たい。
回答
(Answer)
『名古屋市史 第9 地図』の「(一)元文3年名古屋圖 四枚之内第四號」と「(一一)熱田神領字入圖」に、『尾張国町村絵図』の「98 熱田①」と「98 熱田②」に、市史資料地図の「張府細見之図」などに確認できます。また、『熱田神宮の歴史と文化財』において、旗屋に移る前の宮谷観音を熱田神宮海蔵門外東に確認できます。ただし、【だん】峯山観音については、「観音」としか表記がなく、『名古屋市史 第1 社寺編』などによる類推です。
回答プロセス
(Answering process)
『名古屋市史 第1 社寺編』p.547の妙安寺の項を確認すると、“熱田四観音 東北は澤観音、東南は宮谷観音(廃寺祐學院の下に詳なり)、西南は夢違観音(廃寺持福院の下に詳なり)、【だん】峯山観音(現存)也”とあり、祐學院(p.1007)や持福院(p.994)の場所の変遷についても書かれていました。そこで、これらの場所に関する情報を元に『名古屋市史』などの地図を調べました。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
寺院.僧職  (185 9版)
参考資料
(Reference materials)
『名古屋市史 第1 社寺編』 名古屋市/編 愛知県郷土資料刊行会 1980年 p.547,994,1007
『名古屋市史 第9 地図』 名古屋市/編 愛知県郷土資料刊行会 1980年 「(一)元文3年名古屋圖 四枚之内第四號」「(一一)熱田神領字入圖」
『尾張国町村絵図 名古屋市域編』 徳川黎明会/編 国書刊行会 1988年 「98 熱田①」「98 熱田②」
『熱田区の歴史』 三渡俊一郎/著 愛知県郷土資料刊行会 2006年 p.207,210,216
『熱田神宮の歴史と文化財』 熱田神宮文化部文化課/編集 熱田神宮宮庁 2005年 p.35
『尾張古地図集』 小田切春江/画 愛知県郷土資料刊行会 1978年 12図
市史資料地図「張府細見之図」 市20-113
キーワード
(Keywords)
熱田四観音
澤観音
宮谷観音
夢違観音
【だん】峯山観音
断夫山
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000072751解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
未解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!