このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
宮城県白石高等学校図書館 (5100010)管理番号
(Control number)
宮城県白石高-2019-12
事例作成日
(Creation date)
2019年12月27日登録日時
(Registration date)
2019年12月27日 16時24分更新日時
(Last update)
2019年12月27日 16時24分
質問
(Question)
阿武隈急行の成り立ちからこれまでについて調べたい。参考となる資料はあるか。
回答
(Answer)
おおよそ10年前くらいまでのことについてはまとめた資料があるようです。
参考までにご覧ください。
回答プロセス
(Answering process)
本校資料や市図書館の資料をブラウジングして,以下の資料を紹介した。

調査資料1のp136-137には「阿武隈急行の開業」の項があり,国鉄丸森線開業から阿武隈急行への移行までについて写真を交えた記述がある。

さらに,市図書館から借りた調査資料2のp2に以下の記述がある。
「ともあれ,明治二十年に開通を見た東北線は旧奥州街道増に走りつづけ,福島の保原・梁川や宮城の丸森・角田の地は鉄道に縁のない地域となったが,
昭和四十三年に丸森線として部分開通され,阿武隈急行の全線開通に先立ち,六十一年に槻木と丸森が先行開業し,そして二十年後の昭和六十三年に
阿武隈急行が,福島と槻木間で全線開通した。」

調査資料3のp121-123に阿武隈急行線の槻木・角田・丸森駅について写真を交えた記述がある。
事前調査事項
(Preliminary research)
なし
NDC
鉄道運輸  (686 10版)
参考資料
(Reference materials)
調査資料1 目で見る仙南の100年 日下龍夫/他編 郷土出版社 2001
調査資料2 阿武隈急行物語 全線開業十周年を記念して 岡崎真一郎 宝文堂 1999
調査資料3 仙南今昔写真帖 吉岡一男/監修 郷土出版社 2010
キーワード
(Keywords)
阿武急
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
地方ローカル線の存続は,今後の地方活性化施策を考える中で,大事な論点となる。
それぞれの資料について課題研究用として把握し,所蔵館を押さえておきたい。
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
高校生
登録番号
(Registration number)
1000271981解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!