このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
名古屋市鶴舞中央図書館 (2210001)管理番号
(Control number)
名古屋市千-2011-002
事例作成日
(Creation date)
2011年03月20日登録日時
(Registration date)
2011年04月05日 15時08分更新日時
(Last update)
2011年07月22日 12時32分
質問
(Question)
東山動植物園内にあるモノレールはいつからあるのですか。
回答
(Answer)
現在のモノレール(スカイビュートレイン)は、昭和62年3月21日に運行を開始しています。もう一つ、園内の上池門脇には現在は使用されていないフランスのサフェージュ式を導入した日本初の懸垂式モノレールの車両及び軌道が保存されていますが、こちらは昭和39年2月からあります(昭和49年6月1日まで運行した後、赤字のため運休・廃止)。
回答プロセス
(Answering process)
(1)東山動植物園内の乗り物ということで、東山公園協会の刊行物の中に記述があると見当をつけ、『東山動植物園とともに歩んだ60年』を調べました。すると「スカイビュートレインの開業」「日本初の懸垂式モノレールの開通」という見出しで記述がありました。後者の見出し記事から、昭和39年から昭和49年まで運行していた以前のモノレールが、フランスのサフェージュ式を導入した日本初の懸垂式モノレールであり、三菱重工業株式会社他4社により開発されたことがわかります。

(2)日本初ということでさらに調べることにし、三菱重工業の社史を検索したところ、『新三菱重工業株式会社史』を見つけました。その中に車体仕様と写真付で懸垂式モノレールについての記述がありました。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
鉄道運輸  (686 9版)
参考資料
(Reference materials)
『東山動植物園とともに歩んだ60年』 東山公園協会 2009年 p.57,83
『新三菱重工業株式会社史』 三菱重工業株式会社 1967年 p.455-456
キーワード
(Keywords)
モノレール
懸垂式モノレール
サフェージュ式モノレール
東山動植物園
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
小中学生
登録番号
(Registration number)
1000084308解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!