このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
山口県立山口図書館 (2110020)管理番号
(Control number)
0000110589
事例作成日
(Creation date)
2016年11月02日登録日時
(Registration date)
2017年03月19日 10時55分更新日時
(Last update)
2017年03月29日 10時56分
質問
(Question)
『イエズス会士日本通信 上』(下記参考資料1)に掲載の天文21年(1552)に山口で行われた降誕祭について。

1.このとき歌われたと思われるミサ曲の歌詞を知りたい。
2.このときの食事について知りたい。
回答
(Answer)
1. 歌ミサについて
資料2、3によると、ラテン語によるグレゴリオ聖歌が歌われたようである。
当時歌われた歌詞そのものについては記述が見つからなかった。

2. 料理について
資料4(p134)には、「どのような料理を味わっていたのかも気になるところであるが、そこまでの記録は残っていないようである」と書かれている。


なお、中世のクリスマス音楽については資料5に解説があり、具体的な曲名が記載されている。
グレゴリオ聖歌については、資料6の付属CDに26曲が収録されており、各曲の解説とラテン語の詞及び翻訳が資料6巻末に掲載されている。
中世のミサの流れについては、資料7に式次第などが掲載されている。

資料8には、『日本史』(フロイス)、『耶蘇会士日本通信』、『聖フランシスコ・ザビエル全書簡』などから山口に関する記述の抜粋が掲載されている。
このうち、『耶蘇会士日本通信』(p1024)には、クリスマスに関連したものではないが、山口滞在中は肉、パン(麺麭)、鮮魚を食べず、日本風に調理した米、塩魚又は野菜のみを食していたことが記されている。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
典礼.祭式.礼拝  (196 9版)
宗教音楽.聖楽  (765 9版)
音楽史.各国の音楽  (762 9版)
参考資料
(Reference materials)
1 『イエズス会士日本通信 上』 村上直次郎訳 柳谷武夫編輯 雄松堂 1968.12 当館請求記号:R198.21/J 8 p.46,52-53
2 『南蛮音楽その光と影』 竹井成美著 音楽之友社 1995.7 762.1/M 5 p.26-27, ISBN 4-276-21251-0
3 『洋楽伝来史』 海老沢有道著 日本基督教団出版局 1983.2 R762.1/L 3 p.28-29
4 『よくわかるクリスマス』 嶺重淑編 波部雄一郎編 教文館 2014.9 196.3/P 4 p.134,185-186, ISBN 978-4-7642-7387-0
5 『キリスト教と音楽』 金澤正剛著 音楽之友社 2007.1 765/N 7 p.104-107, ISBN 978-4-276-11058-8
6 『グレゴリオ聖歌の世界』 リチャード・L.クロッカー著 吉川文訳 音楽之友社 2006.4 765/N 6, ISBN 4-276-11339-3
7 『中世キリスト教の典礼と音楽』 J.ハーパー著 佐々木勉訳 教文館 2000.3 196/N 0 p.169-194, ISBN 4-7642-7188-5
8 『山口県史 史料編 中世1』 山口県編 山口県 1996.05 Y211/M 6 p.1016-1017,1020,1024
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
図書館
登録番号
(Registration number)
1000212285解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!