このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
京都市図書館 (2210023)管理番号
(Control number)
京都市中央2012-005
事例作成日
(Creation date)
2012年04月13日登録日時
(Registration date)
2012年08月18日 15時49分更新日時
(Last update)
2015年03月05日 11時16分
質問
(Question)
清水寺の本堂から張り出している舞台【清水の舞台】について,支柱などの構造が知りたい。
回答
(Answer)
1『図説・木造建築事典 実例編』(木造建築研究フォラム・図説木造建築事典編集委員会/編 学芸出版社)
 p48~49【清水寺本堂】に,「平面図1/300」「断面図1/300(単位:尺)」「正面図1/300」と,解説「懸造(かけづくり)」「柱と貫」などあり。
 引用参考文献として,以下2冊記述あり。当館に所蔵がないため,内容は未確認。
 ●『木の建築』18「清水の舞台修理を省みて」1990年/木澤源平
 ●図版出典:『国宝清水寺本堂修理工事報告書』1967年/京都府教育庁文化財保護課 文化庁所蔵図

2『国宝大事典 5 建造物』(講談社)
 p402~405【178 清水寺本堂】に,カラー写真,「清水寺本堂断面図」「清水寺本堂平面図」と,解説あり。
 「本堂の構造で最も特徴あるのは高い床下で,太い束柱(つかばしら)を貫(ぬき)が縦横に結んであり,堅固な構造をみせている。…」

3『国宝 原色版 12 桃山江戸明治』(文化庁/監修 毎日新聞社)
 図74【清水寺本堂】カラー写真,p183に「清水寺本堂平面図」と,解説あり。
 「本堂は前面が懸崖にのぞみ,床が長い束柱で高く支えられたいわゆる懸造をなしている。その平面はかなり変わったもので,外陣(げじん)分部に柱を一間ごとに配置していることは,あまり例がない。…」

4『日本建築史図集(新訂第1版)』(日本建築学会/編 彰国社)
 p78図3【清水寺本堂 全景】白黒写真,p147に解説あり。
 「堂は急な崖に建っているため,前面の舞台を長い束柱で支えているが,このようないわゆる縣造の形式は平安時代からあり,石山寺,長谷寺などでも古くから行われていた。…」

5『京都国宝の美(らくたび文庫ワイド)』(山村 純也/監修 コトコト)
 p82~85【清水寺本堂】カラー写真,解説「釘を使わぬ耐震設計地獄組とは」などあり。

6『イラストで学ぶ京都の文化財』(淡交社編集局/編 淡交社)
 p16~17【清水寺本堂】に,イラスト「正面」「側面」と部位名称,解説あり。
 「また,有名な清水の舞台は,急斜面などに用いられる縣造(懸崖造 けんがいづくり)という構造で,前面に広い舞台をもつため舞台造(ぶたいづくり)と呼ばれることもある。…」

7『ガイドブック清水寺』(横山 正幸/著 法蔵館)
 p93~100【2 本堂の建築構造 形式および規模】に,「本堂南正面図」「本堂桁行断面図」「本堂西側面図」「本堂西梁行断面図」「本堂平面図」「本堂東側面図」「本堂の縣造り柱」と,解説あり。
 p101~104【3 国宝・清水の舞台】に,解説「柱組みと床」などあり。

8『古寺巡礼京都 24 清水寺』(淡交社 1978)
 p111~113【建築 2 本堂舞台 国宝】に,「本堂立面図 正面(南側」「側面(西側)」「平面(西半分)」と,解説あり。

9『古寺巡礼京都 26 清水寺(新版)』(淡交社 2008)
 p122~126【清水寺本堂】に,「本堂平面図」と,解説「舞台造り」などあり。


以下,2015年1月14日追記
10『清水寺史 第4巻 図録』(清水寺史編纂委員会/編修 音羽山清水寺,法藏館)
 p84~85【本堂舞台柱組み】カラー図版3点あり。柱組みがクローズアップされた写真。

11『清水寺の謎』(加藤 眞吾/著 祥伝社)
 p67に「本堂西梁行断面図」「本堂平面図」あり。
 p69~71「190平方メートルの広さを持つ舞台,どんな構造になっているのか」「あの高さ,広さを支える秘密は?」「釘を使わず楔で締める特異な工法」
回答プロセス
(Answering process)
清水寺とは
『京都大事典』佐和 隆研/[ほか]編集 淡交社)p321~322【清水寺 きよみずでら】より
北法相宗総本山。音羽山と号す。
清水寺縁起絵巻(重要文化財)によると,鹿狩にきた坂上田村麻呂が,この地で修行中の延鎮に殺生を戒められ,延暦17年(798)二人で千手観音の像をつくり,一堂を創建したのが始まりという。現在の本堂は,寛永10年(1633)徳川家光の保護により再建。本堂は国宝。崖にせり出した懸崖造に,広い舞台をともなった姿は,古くから【清水の舞台】として有名。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
各宗  (188 9版)
日本の建築  (521 9版)
芸術政策.文化財  (709 9版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
清水寺
寺院建築
木構造
国宝
文化財
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000110196解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!