このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000226173
提供館
(Library)
鹿島市民図書館 (2310119)管理番号
(Control number)
2017-0067
事例作成日
(Creation date)
2017年07月30日登録日時
(Registration date)
2017年12月10日 15時00分更新日時
(Last update)
2017年12月10日 15時00分
質問
(Question)
福岡方面(柳川・大牟田)の方が、昔は船で鹿島の石木津や看場のあたりに来て祐徳稲荷神社に参拝されていたという話を聞いたが、口伝ではなく、記録で残っている資料はないか。
回答
(Answer)
・『祐徳稲荷神社案内記』八陣熊一・著 1909年(国立国会図書館デジタルコレクションにて閲覧可能)p4・・・「祐徳神社海路よりの順路 有明海の沿岸住の江または佐賀郡厘外川口若津大川其他大牟田柳川熊本県下の各沿岸港さては長崎県下島原方面より船舶の便により参詣する者は八本木村の濱宿にて上陸すれば軌道車の便あり」との記載あり。
・『佐賀豆百科3』福岡博・著 金華堂 1974年 N294フ p43~44・・・「昔は有明海を船で上陸、祐徳参拝をする人も多かった。」との記載あり。
・『ミニコミかしまナイスわが街 抜粋編』織田 正人/著 2009年 N051オ p391・・・「有明海沿岸の柳川、佐賀、大牟田、長崎、島原方面から海路により祐徳参りに浜町の船津に上陸、馬鉄に乗り祐徳神社へと祐徳門前には、・・・」との記載あり。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC 
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
団体
登録番号
(Registration number)
1000226173解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!