このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼熊-2007-115
事例作成日
(Creation date)
2008/02/10登録日時
(Registration date)
2008年07月04日 02時11分更新日時
(Last update)
2008年07月23日 14時52分
質問
(Question)
『石川正西聞見集』を編集した時の原本の写真かポジフィルムはあるか。また、原本はどこで所蔵しているか。
回答
(Answer)
「聞見集」は、17世紀に川越藩主松平周防守の家老である石川善大夫昌隆(号正西)が戦国以来の主家の覚書を誌した記録である。
(1)1968年に埼玉県立図書館で『石川正西聞見集(埼玉県史料集 1) 』を編集発行。原本の写真かポジフィルムは、当時併設の埼玉県立文書館に問い合わせたが、所蔵はなかった。
(2) 原本については、下記資料により埼玉県の「光西寺」に自筆本があることが確認できる。
①『国書総目録 7』p162に〈聞見集〉は「埼玉光西寺(自筆)」と記述あり。
②『石川正西聞見集(埼玉県史料集 1) 』に写真と共に活字版が掲載され、あとがきに「光西寺住職より原史料を提供していただき・・・」とある。
③『光西寺松井家文書目録』(川越市立博物館発行)p27に「聞見集 上・下」とあり。
④『松平周防守と川越藩 第3回企画展』(川越市立博物館発行)p49に表紙と見開きの写真1枚、p82に「石川正西聞見集 光西寺蔵」とあり。
⑤『石川正西聞見集をめぐって』(埼玉県高等学校社会科教育研究会歴史部会)の参考文献に「川越市光西寺に原本および写本、その他東大、内閣文庫等に写本」とあり。
回答プロセス
(Answering process)
埼玉県立図書館発行『石川正西聞見集(埼玉県史料集 1) 』を確認し、光西寺に自筆本があることがわかった。
当時併設していた《埼玉県立文書館》Webサイトの文献検索で、写真やポジフィルムを探すが確認はできず、直接問い合わせる。所蔵なしとの回答。関係資料から、企画展を開催した《川越市立博物館資料検索システム》( http://museum.city.kawagoe.saitama.jp/) を探索するが、やはり「聞見集」の原本の写真・フィルムの確認はできなかった。
なお「石川正西聞見集」の写本等の所蔵先については、《国文学研究資料館の電子図書館・書誌目録データベース「日本古典籍総合目録」》で検索できる。
《光西寺》のWebサイトでは、原本についての情報は見あたらない。
質問者が直接問い合わせるとのことなので、参考資料の紹介とともに川越市立博物館、光西寺の連絡先を伝える。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
著作.編集  (021 9版)
貴重書.郷土資料.その他の特別コレクション  (090 9版)
参考資料
(Reference materials)
『石川正西聞見集 埼玉県史料集1』(埼玉県立図書館 1968)
『国書総目録 7』
『光西寺松井家文書目録』(川越市立博物館 1991)
『松平周防守と川越藩 第3回企画展』(川越市立博物館 1991)
『石川正西聞見集をめぐって』(埼玉県高等学校社会科教育研究会歴史部会 1966)
キーワード
(Keywords)
石川 正西(イシカワ ショウサイ)-著作
郷土資料
照会先
(Institution or person inquired for advice)
埼玉県立文書館
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
所蔵調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000045524解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!