このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000052540
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼浦-2008-045
事例作成日
(Creation date)
2008/10/23登録日時
(Registration date)
2009年03月18日 02時11分更新日時
(Last update)
2009年04月05日 11時59分
質問
(Question)
「道灌団子」という郷土料理があるという情報を得た。どのあたりで、いつから作られているのか全くわからない。これについて書かれた資料を見たい。
回答
(Answer)
このだんごが作られていた地域について、調査過程で判明したのは所沢と高井戸の2か所。以下にあげる資料を紹介したが、正確なことは分からなかった。
『むかしのところざわ百景』
p71-72「だんご屋」には、「数100年前からこの地で生まれた素朴な焼きだんごは、太田道灌が好んで食べたという故事にあやかり『道灌団子』の名で売り出したところ、旅人から大いに受けたという。」との記述あり。
『ところざわ歴史物語』
p159「所沢名物焼きだんご」には、「この焼きだんごが何故名物として広まるようになったのか、由来はわかっていない。室町時代の武将太田道灌と結びつける説もあるが、実際にはどんなに遡っても江戸時代後半であろう。」との記述あり。
『彩の国かわらばんVividly! 第14号』
p4-5「所沢の名物 焼きだんご」には、「その由来は定かではないが、一説によると、今からおよそ550年前、太田道灌が鷹狩りの帰途、所沢に立ち寄った際に、地元の人がだんごを焼き、自家製の醤油をつけて出したのが始まりと言われている。」との記述あり。
『和菓子の辞典』
p56「追分だんご」の項によると、「『追分だんご』の由来は古く、康正元年(1455)、太田道灌が江戸城を構築中、武蔵品川の館から武蔵野に鷹狩に出かけた。その帰途、高井戸(現杉並区)付近で薄暮となり、折から仲秋の名月が上ったため、家臣とともににわかに歌宴を開いた。この時、土着の名族が手搗きの団子を呈上、その風雅を道潅がよろこんだので、のちに高井戸宿の上水側に柳茶屋という店を開き『道灌団子』として人気を得た。元禄10年(1697)、この柳茶屋は新宿追分に移った。追分だんご本舗は昭和23年(1948)創業、上記の『道灌団子』を復活させた。(以下略)」との記述あり。
回答プロセス
(Answering process)
《Google》を〈道灌団子 or どうかんだんご〉で検索した結果、個人Webサイト上で、所沢と高井戸で作られていたことが分かった。
所沢については、所沢関係資料、観光案内資料等にあたり、『むかしのところざわ百景』『ところざわ歴史物語』『彩の国かわらばんVividly! 第14号』に記述があった。高井戸については、食に関する事典類をあたり、『和菓子の辞典』に記述があった。
記述が見あたらなかった調査済み資料は以下の通り。
『食物の歴史』(真珠書院 1968)『聞き書埼玉の食事』(農山漁村文化協会 1992)『今昔三道中独案内』(日本交通公社出版事業局 1978)『江戸名所図会 第3(角川文庫)』(角川書店 1968)『江戸食べもの誌』(作品社 1981)『江戸あじわい図譜(ちくま文庫)』(筑摩書房 2003)『たべもの江戸史』(旺文社 1986)『聞き書東京の食事』(農山漁村文化協会 1988)『江戸期の宮廷と菓子』(同志社大学出版部 1989)『事典和菓子の世界』(岩波書店 2006)『図説和菓子の今昔』(淡交社 2000)『江戸の食文化』(吉川弘文館 1992)『江戸の料理史』(中央公論社 1989)『江戸味覚歳時記』(時事通信社 1993)『着想江戸時代の大ハヤリ食』(農山漁村文化協会 1989)『近世風俗志 守貞謾稿』全5巻(岩波書店 1997-2002)『「お菓子とお酒の大合戦」展』(虎屋文庫 2002)『江戸のファーストフード』(講談社 1998)『江戸の食生活』(岩波書店 2003)『たべもの語源辞典』(東京堂出版 1980)『たべもの起源事典』(東京堂出版 2003)『図説江戸時代食生活事典』(雄山閣出版 1978)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
食品工業  (588 9版)
貴重書.郷土資料.その他の特別コレクション  (090 9版)
伝説.民話[昔話]  (388 9版)
参考資料
(Reference materials)
『むかしのところざわ百景』(所沢市企画部秘書広報課 1983)
『ところざわ歴史物語』(所沢市教育委員会 2006)
『彩の国かわらばんVividly! 第14号』
『和菓子の辞典』(東京堂出版 1983)
キーワード
(Keywords)
和菓子-埼玉県-歴史
郷土資料
団子-だんご
所沢市-埼玉県
高井戸-杉並区-東京都
太田 道灌(オオタ ドウカン)
伝説
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000052540解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
未解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!