このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000043361
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼浦-2007-117
事例作成日
(Creation date)
2007/11/29登録日時
(Registration date)
2008年04月04日 02時10分更新日時
(Last update)
2008年04月08日 13時13分
質問
(Question)
埼玉県内の橋についての資料を探している。分野は問わないが、伝説・民話資料は必ずほしい。
回答
(Answer)
県内全域調査のため、主な資料を紹介した。地域を特定すれば、各市町村史資料からさらに詳細な調査が可能、と回答した。
次に、埼玉県内の橋に関する、伝説・民話・昔話資料をあげる。
『埼玉県伝説集成 中・歴史編』p313-337県内26か所の橋についての伝説あり。
『戸塚のむかし話』p42-49戸塚(川口市)にある横手橋についての話あり。
『埼玉の民話と伝説』p58-59「西行戻しの橋」
『秩父の伝説』p102-103「犬戻り橋」、p398-399「おらく橋を架けたおらくさん」
『秩父路物語』p84-87「渡らずの橋」
『川島のむかし話』p60-64「西念橋」
『坂戸むかしばなし』p9-10「第五話 鬼橋」
『富士見のあゆみ』p481「姥袋」
『川越の民話と伝説』p27-31「琵琶橋」、p40-42「どろぼう橋」
『ふるやむかしむかし』p21-24「上江橋の料金所」
『埼玉県の民話と伝説 入間編』p97-98「涙橋」
『児玉郡・本庄市のむかしばなし』p3-4「馬くい橋」、p164-165「はしか橋」                                                                                                                                                        『児玉郡・本庄市のむかしばなし 続』p11-12「殿様と久保橋」、p13-15「車坂の橋」
『熊谷の昔ばなし』p152-153「くちなわ橋」、p190-191「背割れ橋」、p194-195「惣兵衛とおとか橋」
『杉戸町と近隣市町の逸話・伝説』p17-19「万願寺橋にかかわる逸話」
『行田の伝説と史話』p16-19「縁切橋と涙橋」、p27-28「地獄橋」、p112-113「せわれ(背割橋)」
『羽生昔がたり 10』p10-11「初代昭和橋」
『中川水系 人文』「第4節 流域の口頭伝承」中、p935「蛇橋」、p938「念仏橋」
『荒川 人文 3』 「第6章 荒川の口頭伝承 第1節 伝説・昔話」中、p445「きつねだまし」「河原のきつね」、p448「はしかの橋」、p453「太郎右衛門橋」「大工とオニロク」「藤崎」、p456「人柱になった娘」、p463「ゴゼ橋」「刺橋とダイダラボッチ」、p469「大沢橋のお地蔵さん」「新曲輪橋」「ガンガラ橋」
『論集 江戸川』p122-129榎美香著「江戸川流域の伝説と民話」
次に、埼玉県内の橋梁関係資料を挙げる。
『埼玉県の近代化遺産 近代化遺産総合調査報告書』
 p113-123、126-128に「秩父地方の橋梁群」「新佐賀橋」「旭橋」「名栗川橋」「玉川橋」「西武鉄道池袋線旧入間川橋梁」「嵐山町志賀の東武東上線橋梁群」について記述あり。
『埼玉名橋図鑑』 県内各市町村を代表する橋の紹介。カラー写真と簡単な解説。
『彩の国に架かるさいたま橋物語』 エリア別おもな橋の紹介。カラー写真と簡単な解説、地図。
『中川水系 人文』 p455-502「第3節近代交通機関の整備と舟運の衰退」、p465-471に大正期の中川水系の橋について記述あり。
『荒川 人文 2』 p213-235「荒川と橋梁」の項に、主な橋の歴史、図について記述あり。また、p231-232には、「荒川に架けられた橋としてリストがあり、61の橋が掲載されている。
『荒川大橋の変遷』 荒川大橋(熊谷市)の変遷、架橋工事、交通発達等について。
『川と人々のくらし』 p26-31荒川にかかる橋の写真と地図あり。
『関東の道 1985~2004』 p394-395、p397-397、p412-413に県内の橋に関するエピソードあり。
『ながとろ風土記』 p47-49「橋と渡し」の章に、大滝橋、高砂橋、小滝橋、板碑の橋について、橋の歴史の簡単な記述あり。
『熊谷市史 通史編』 p448-478「第三節 水運と橋」に、熊谷市内の各橋について、解説あり。橋によっては伝説の記述あり。
『思いやりの譜』 平成15年に撤去された久下冠水橋(熊谷市)について。
※その他、橋に関する資料を回答プロセスに挙げる。
回答プロセス
(Answering process)
伝説・民話・昔話関係の資料中に、該当する記述があるかを調査した。「橋」ということで、河川関係の資料を調査した。特に、人文編がある資料をあたった。また、建築物の調査報告書に、該当する記述がないかを調査した。
※その他、橋に関する資料を次に挙げる。
『古利根公園橋』(春日部市 1984) 1枚物
呉服跨線橋 一般県道阿佐間幸手線』(埼玉県杉戸土木事務所 〔1995〕) 1枚物
『ちちぶ名橋GUIDE 荒川名橋周遊マップ』(水資源機構荒川ダム総合事業所 〔2004〕) 1枚物
『秩父公園橋工事報告書』(埼玉県秩父土木事務所 1994)
『戸田橋架換工事概要』(埼玉県 1932)
『利根川橋架設工事概況』(内務省東京土木出張所 [1924])
『川越線荒川橋梁工事誌』(鉄道省東京第二工事事務所編 〔埼玉県立浦和図書館(製作)〕 〔1986〕)
 1940年刊の複製(電子複写)
『本庄市史拾遺 第10号』(本庄市史編集室 1970)
 茂木俊一「坂東大橋のできた頃」、小茂田敏治「坂東大橋新古物語」
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
伝説.民話[昔話]  (388 9版)
橋梁工学  (515 9版)
貴重書.郷土資料.その他の特別コレクション  (090 9版)
参考資料
(Reference materials)
『埼玉県伝説集成 中・歴史編』
『戸塚のむかし話』
『埼玉の民話と伝説』
『秩父の伝説』
『秩父路物語』
『川島のむかし話』
『坂戸むかしばなし』
『富士見のあゆみ』
『川越の民話と伝説』
『ふるやむかしむかし』
『埼玉県の民話と伝説 入間編』
『児玉郡・本庄市のむかしばなし』
『児玉郡・本庄市のむかしばなし 続』
『熊谷の昔ばなし』
『杉戸町と近隣市町の逸話・伝説』
『行田の伝説と史話』
『羽生昔がたり 10』
『中川水系 人文』
『荒川 人文 3』
『論集 江戸川』
『埼玉県の近代化遺産 近代化遺産総合調査報告書』
『埼玉名橋図鑑』
『彩の国に架かるさいたま橋物語』
『荒川 人文 2』
『荒川大橋の変遷』
『川と人々のくらし』
『関東の道1985~2004』
『ながとろ風土記』
『熊谷市史 通史編』
『思いやりの譜』
『古利根公園橋』
『呉服跨線橋 一般県道阿佐間幸手線』
『ちちぶ名橋GUIDE 荒川名橋周遊マップ』
『秩父公園橋工事報告書』
『戸田橋架換工事概要』
『利根川橋架設工事概況』
『川越線荒川橋梁工事誌』
『本庄市史拾遺 第10号』
キーワード
(Keywords)
橋梁-埼玉県
伝説
民話
郷土資料 
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
図書館
登録番号
(Registration number)
1000043361解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!