このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼久-2013-079
事例作成日
(Creation date)
2013/06/21登録日時
(Registration date)
2013年12月03日 12時06分更新日時
(Last update)
2014年06月11日 10時21分
質問
(Question)
西條学校(明治6年設立)(現埼玉県宮代町)の校名の由来が知りたい。現在は地名である「須賀小学校」に改称された。
回答
(Answer)
所蔵資料を調査したが、西條学校の校名の由来について書かれた資料を見つけることはできなかった。調査経過は回答プロセスのとおり。
回答プロセス
(Answering process)
1 宮代町の歴史を調査する。
『宮代町史 通史編』(宮代町 2002)
 p498「西條学校は、東粂原、西粂原、須賀、国納の一部を区域とし、当時廃寺であった大聖院を校舎として明治六年に開校している。その後、同十年七月に久米原学校と改称している。」と記述あり。
 p511-515「第三節 須賀小学校」によると、「明治六年(一八七三)五月に西粂原宝光寺を校舎とし、西條学校と称した学校が須賀小学校の前進だった。」とあるが、由来については記述はない。  
『宮代町史資料 1 地誌』(宮代町教育委員会 1991)
 『新編武蔵風土記』、『武蔵国郡村誌』、「神社・寺院・堂庵明細帳」に記載された宮代町関係の部分について抜粋しまとめたものである。
 p27-28「粂原村」(『新編武蔵風土記』)、p88-92「東粂原(ひがしくめはら)村」(『武蔵国郡村誌』)、p92-95「西粂原(にしくめはら)村」(『武蔵国郡村誌』)、p123「曹洞宗 宝光寺(ほうこうじ)」(「神社・寺院・堂庵明細帳」)には、由来についての記述はない。
『宮代町史資料 6 みやしろの信仰と年中行事』(宮代町教育委員会 1994)
 p146-151「東粂原」「大聖院」の項に「現在の須賀小学校は、この寺の本堂で始まったという」との記述があるが、由来はない。p152-154「西粂原」には、由来についての記述はない。
『宮代町史資料 15 社寺総合調査』(宮代町教育委員会 1999)
 p1-55「大聖堂」のうち、p1-2「明治八年十二月七日の「学校敷地御下願」(岡安家文書)には、第六区埼玉群久米原村西条学校が、大聖堂廃跡を学校敷地として壱半歩を金五円で購入している。」とあるのみである。
 p56-112「宝光寺」のうち、p56-57西条学校「学校沿革誌」一部記載あり。その部分には、校名の由来についての記述はない。
『水と緑の宮代 宮代町史ビジュアル版』(宮代町 2004)
 p66-67「教育と学校」に、「明治15年 久米原学校設置願」(岡安家文書)の表紙と冒頭部分の写真が掲載されているが、その部分には由来の記述はない。
『みやしろ風土記 増補版』(宮代町 1994)
 該当する記述はない。
『東粂原村岡安家文書 宮代町文化財調査報告書 12集』(宮代町教育委員会 2003)
 p9 下段 西條学校の記述あり、由来等の記述はない。
 岡安家文書目録
 p58-59 学校 西條学校関係の文書があった。
 p150-151 関係掲載文書 由来等の記述はない。
 明治六年 小学校休学布達廻状
 明治八年 学校敷地払下願
『埼玉県史料叢書 5 埼玉県史料索引』(埼玉県 2001)
 p99西條学校(宮代町)②235④585
『埼玉県史料叢書 2』(埼玉県 1995)
 p235 西條学校 東久米原村 由来の記述はない。
『埼玉県史料叢書 4』(埼玉県 1998)
 p585 学校番号位置の一覧にある。
 第六区 百五十四番 西條学校 埼玉郡東久米原村 由来の記述はない。
『南埼玉郡制誌』(南埼玉郡役所 1924)
 該当記述はない。

2 埼玉県の教育史を調査する。
『宮代町の教育 23(平成18年度)』(宮代町教育委員会 2006)
 p6-35「3.宮代町の教育の沿革」明治6年から平成18年までの年表あり。「明治6年5月」に西條学校の記述はあるが、由来についてはない。
『わたしたちの学校 宮代の教育史』(宮代町郷土資料館 2004)
 明治元年から昭和58年までの教育史年表がある。「現在の須賀小学校」の欄があり、学校の変遷がわかるが、由来についての記述はない。
『埼玉県教育史 3』(埼玉県教育委員会 1970)
 p328「宮代町」西条学校の記述はあるが、由来についての記述はない。
『寺子屋から明治期の学校風景 学校教育の原点を求めて』(戸田市立郷土博物館 1999) 該当する記述はない。
『昭和前期の子どもたちと戦争 学校と遊び』(埼玉県平和資料館 2004) 該当する記述はない。

3 インターネット情報を調査する。
《埼玉県宮代町公式ホームページ 電脳みやしろ》( http://www.town.miyashiro.saitama.jp/  宮代町役場 2013/06/19 最終確認)
「郷土資料館 [ 08宮代の歴史]」「学校と教育」の項に「西条学校」の記述はあるが、由来についてはない。
 
4 須賀小学校の「学校沿革誌」が掲載されている刊本の有無を調査する。
 図書資料については、上記調査済の資料には、全文が掲載されている資料がなかったため、雑誌記事を調査した。
《埼玉雑索》をキーワード〈西条(條)学校〉〈学校沿革〉〈須賀〉〈久米原〉で検索したが、該当する記事はない。
《埼玉県立文書館収蔵資料検索システム》( http://www.i-repository.net/infolib/meta_pub/OdnCsvDefault.exe?DEF_XSL=default&GRP_ID=G0000069&DB_ID=G0000069OUDAN&IS_TYPE=csv&IS_STYLE=default  埼玉県立文書館 2014/04/30最終確認)
 キーワード〈西条(條)学校〉〈学校沿革〉〈須賀〉〈久米原〉で検索したが、該当する資料はない。 

5 宮代の私塾について調査する。
 質問者情報によると、福沢諭吉の弟子が宮代で私塾を開いた後で西條学校が開設され教員となっている(詳細不明)ので、その人(の知識)が関わっているのではないかとのことであった。このことから宮代の私塾について調査した。
以下の資料に福沢諭吉の門下で学んだ矢部造酒之丞が明治初年に宮代町西粂原で寧倹義塾を開設したと書かれているが、西條小学校の校名の由来についての記述はなかった。
『埼玉県教育史 3巻』(埼玉県教育委員会 1970)
『宮代町史 通史編』(宮代町 2002)
《埼玉人物文献索引》を〈矢部造酒之丞〉で検索する
『埼玉県教育史金石文集 下』(埼玉県教育委員会 1968)
《埼玉県立文書館収蔵資料検索システム》を(矢部造酒之丞〉で検索、矢部造酒之丞の教員履歴のみで該当記述はなかった。
事前調査事項
(Preliminary research)
質問者が宮代町郷土資料館に問い合わせたが、調べた結果わからなかったとの回答だったとのことであった。
NDC
教育史.事情  (372 9版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
小学校-埼玉県-歴史
須賀小学校(埼玉県宮代町立)
西條学校
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000141507解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
未解決
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!