このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼浦-2012-080
事例作成日
(Creation date)
2012/08/23登録日時
(Registration date)
2012年11月29日 14時45分更新日時
(Last update)
2012年12月27日 17時51分
質問
(Question)
昭和天皇が陸軍予科士官学校(朝霞市)への行幸で使用した道について知りたい。
回答
(Answer)
昭和天皇が陸軍予科士官学校への昭和18年の行幸で使用した道について、具体的に書かれている資料は見つからなかった。
回答プロセス
(Answering process)
調査経過
『目で見る朝霞・志木・新座・和光の100年 写真が語る激動のふるさと一世紀』(郷土出版社 2007)
p67-70「陸軍予科士官学校」の項
p67「陸軍予科士官学校正門(朝霞市・昭和10年代)」の写真解説文に「正門前には、周りの住宅地と場違いの広い並木道が短いながらもあった。昭和天皇の行幸の際に特別に造られた道で、行幸道路と言われた。」とあり。
『朝霞市史 通史編』(朝霞市 1989)
p1244-1256 「第2節 陸軍予科士官学校」昭和18年の行幸についての記述あるが、使用した道路の記述はなし。
『朝霞市史調査報告書 3 行政文書マイクロフィルムリーダー目録』土木関係文書に該当するものはなし。
『和光市史 通史編 下』(和光市 1988)
p537-538「陸軍予科士官学校の移転」該当記述なし。
『図説和光市の歴史』(和光市 1980)
p126-127「陸軍予科士官学校」地図があるが、小さく判読が難しい。
『あさかの歴史』(朝霞 1997)p179-183「第九節 陸軍予科士官学校と被服廠」該当記述なし。
『描かれた朝霞 第22回企画展』(朝霞市博物館 2008)
p43「陸軍予科士官学校地図」(昭和19年(1944))の写真あり。 写真サイズが小さいため周辺の道は判読ができない。
『自衛隊施設内の歴史的建造物 昭和編』(防衛施設技術協会 2006)
p66-69「振武台記念館(陸軍士官学校皇族舎)朝霞駐屯地」解説文に「昭和18年12月、天皇陛下行幸の際、「振武台」の名を賜った」とあるが、道についての記述なし。
『青春の賦 わが回想の陸軍士官学校』(秋元書房 1992)
p95-105「天皇陛下朝霞台へ」昭和18年12月9日の記述があるが、道に関する記述なし。
『朝霞町勢要覧 昭和28年版』(朝霞町 1953)地図があるが、道の名なし。

その他調査済み資料は以下のとおり
『東京陸軍被服本廠・朝霞作業所(東京陸軍被服支廠)の疎開について 太平洋戦争開戦から終戦処理まで』(〔中村哲〕 2008)
『知られざる軍都多摩・武蔵野を歩く』(洋泉社 2010)
『陸軍航空士官学校』(陸軍航空士官学校史刊行会 1996)
『所沢陸軍飛行場史』(小沢敬司 1978) 
『新編埼玉県史  通史編6 近代2 』(埼玉県 1989)
『大和町勢要覧 昭和44年版』(大和町総務課 1969)
『埼玉新聞 昭和18年12月10日』
《埼玉県立文書館収蔵資料検索システム》を〈行幸〉で検索した結果、下記の資料のみで該当しない。
「埼玉県報 号外 昭和18年12月7日」告示第822号 陸軍士官学校へ行幸アラセラルルニ付航空制限の件」
〈朝霞〉〈天覧〉〈大和〉で検索したが、該当の文書なし。
http://www.pref.saitama.lg.jp/soshiki/s28/  埼玉県立文書館 2012/08/23最終確認)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
関東地方  (213 9版)
陸軍  (396 9版)
系譜.家史.皇室  (288 9版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
朝霞市-近代-歴史
朝霞市-行幸
陸軍予科士官学校
昭和天皇
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000115090解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
未解決
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!