このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
蒲郡市立図書館 (2310237)管理番号
(Control number)
蒲郡-2020-04251-A
事例作成日
(Creation date)
2020年4月25日登録日時
(Registration date)
2020年06月05日 16時56分更新日時
(Last update)
2020年07月12日 14時16分
質問
(Question)
古関祐而が作曲した「観光蒲郡の歌」の資料はあるか。また、それが作られたいきさつなどがわかるようなものが見たい。
回答
(Answer)
◆「観光蒲郡の歌」の資料について
『蒲郡の観光歌謡』p4歌詞掲載
ソノシート『蒲郡音頭/観光蒲郡の歌』シートの紙ケースには歌詞、曲情報なし。
シート本体に「勝浦仙太郎作詞サトーハチロー補作 古関祐而作曲丹菊みのる編曲 伊藤久男・奈良光枝 コロムビアオーケストラ 日本コロムビア株式会社製作」とある。
『蒲郡町勢要覧』昭和26年 p59歌詞掲載

◆作られたいきさつについて
西宝民報より 関連記事①-⑮
昭和25年①6月4日2面「『観光蒲郡の歌』公募」→「中日に詳細」とある
    ②6月11日2面「『観光蒲郡の歌』―応募すでに数篇」→蒲郡町観光課(s25.4新設)と中日の主催とある
    ③6月18日2面「締切り迫る! 観光蒲郡歌公募」
    ④6月25日2面「応募二百篇突破」
    ⑤7月2日2面「近く第一予選」
    ⑥7月16日2面「『観光蒲郡の歌』予選終る 地元で四名入選」→初めて「古関勇次*氏作曲」と出てくる *原文ママ
    ⑦7月30日2面『観光蒲郡の歌』決まる」→「因に作曲は、コロンビア古関祐而氏」氏名表記ここから直る。
決定した作詞者は蒲郡ホテル関係者のよう
    ⑧8月6日2面「『観光蒲郡の歌』 作曲出来上がる」
    ⑨8月13日2面「『観光蒲郡の歌』のレコード吹込み決る」→「裏に『蒲郡音頭』を吹込む。予約金300円程度」
    ⑩9月3日1面「『観光蒲郡の歌』授賞式行う」
    ⑪9月3日2面「発表会開く『観光蒲郡の歌』」→9月中に発表会を開き、レコードにすることを決定
    ⑫9月17日2面「『観光蒲郡の歌』公民館上棟式に発表会」
    ⑬10月1日1面「今日発表会『観光蒲郡の歌』」
    ⑭11月26日2面「『観光蒲郡の歌』レコード出来る」
昭和26年⑮3月28日2面「レコード売る『観光蒲郡の歌』」→あまり売れていないようなので関係者に聞いてみるという記事。
                           作曲者は一流なのでものは悪くないと思う、とある。

中部日本新聞より 関連記事⑯-⑲
昭和25年⑯6月9日6面(三河版)「観光蒲郡の歌募集」
    ⑰6月18日4(?)面※文字がつぶれて読めない(三河版)「観光蒲郡の歌募集」
    ⑱6月24日6面(三河版)「『蒲郡の歌』応募者殺到」

関連事項として、中部日本新聞より、
⑲昭和25年7月18日6面(三河版)「愛知県民の歌決る 古関氏が不朽の名作」
 →当時著名な作曲家に曲を書いてもらい、歌詞を公募するやり方が多かった。「愛知県民の歌」も「観光蒲郡の歌」とほぼ同様のやり方の公募だった。主催は同じく中日新聞。こちらの作曲者も古関祐而氏。

いきさつの詳細はわからないが、新聞記事の内容から下記のように読み取ることができる。
蒲郡町は昭和25年観光事業に力を入れていく事業計画が出されて、4月に観光課が新設。有識者から観光委員というのを選定し、観光事業に本腰を入れていったよう。『観光蒲郡の歌』は作詞者を公募。作曲者はコロンビアに所属していた古関氏。作詞が決定次第、作曲者への打診が行われた。当時は著名な作曲家に曲を書いてもらい、歌詞を公募するやり方が多かった。
回答プロセス
(Answering process)
1.自館OPAC「観光蒲郡の歌」で検索。3件ヒット。
『蒲郡の観光歌謡』p4に歌詞が掲載されていた。
『蒲郡の民謡』掲載なし。
ソノシート『蒲郡音頭/観光蒲郡の歌』シートの紙ケースには歌詞、曲情報なし。シート本体に曲情報等記載あり。


2.郷土資料の書架から直接探す。
『蒲郡町勢要覧』昭和26年よりp59に歌詞が掲載されていた。

3.過去の新聞を見てみる。
西宝民報、中部日本新聞をそれぞれ探す。
上記の記事を見つけた。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
中部地方  (215 10版)
個人伝記  (289 10版)
伝説.民話[昔話]  (388 10版)
参考資料
(Reference materials)
蒲郡の民謡,蒲郡市観光協会/編集,蒲郡市観光協会,出版年不明
蒲郡の観光歌謡,蒲郡市観光協会/編集,蒲郡市,出版年不明
蒲郡音頭/観光蒲郡の歌,蒲郡市観光協会/製作,日本コロムビア,蒲郡市,発売年不明
「蒲郡音頭」西條八十/作詞,中山晋平/作曲,平川英夫/編曲,赤坂小梅・鶴田六郎・コロムビア合唱団/歌 「観光蒲郡の歌」勝浦仙太郎/作詞,サトーハチロー/補作,古関裕而/作曲,丹菊みのる/編曲,伊藤久男・奈良光枝/歌,ソノシート
西宝民報(複写)
中部日本新聞
キーワード
(Keywords)
古関祐而
観光蒲郡の歌
照会先
(Institution or person inquired for advice)
蒲郡市博物館
〒443-8601 愛知県蒲郡市旭町17番1号 Tel:0533-66-1111(代表)
https://www.city.gamagori.lg.jp/site/museum/
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
・『蒲郡の観光歌謡』の出版年について。博物館蔵の「観光関係諸綴」(1964.5刊)の観光関係資料一覧に掲載あり。おそらく1966(昭和41)年ごろのものではないかと見られる。
・『観光蒲郡の歌』レコードは蒲郡市博物館に所蔵あり。2020.6月末~7月中旬まで、蒲郡市博物館にて関連資料ミニ展示あり。レコードも展示された。レコード発売当時(1950、昭和25年)は、赤レーベルで出されている。その後、白レーベル、黒レーベルと変わっていく。博物館蔵のレコードは黒レーベルのため、1958(昭和33)年以降のものだと思われる。ソノシートはさらに後の発行となるため、発売年に関しては不明。
調査種別
(Type of search)
文献紹介 事実調査 所蔵調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
団体
登録番号
(Registration number)
1000282803解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!