このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
栃木県立図書館 (2110002)管理番号
(Control number)
tr276
事例作成日
(Creation date)
2013年06月20日登録日時
(Registration date)
2013年10月25日 10時48分更新日時
(Last update)
2013年10月25日 10時49分
質問
(Question)
宇都宮盲唖学校を設立した「本田鐐吉」及び、足利鍼灸按講習所を設立した「沢田正好」の生没年や出身地等の略歴が知りたい。
回答
(Answer)
それぞれの人物について、経歴等関連する記述が確認できた資料を、以下にご紹介します。

1「本田鐐吉」氏について
・『栃木県歴史人物事典』(栃木県歴史人物事典編纂委員会/編集 下野新聞社 1995)
p549に「本多鐐吉」の項があり、生没年(1850(嘉永3)~1936(昭和11))等の略歴が確認できました。ここに、「宇都宮市第二代市長」とあります。
・『郷土の人々 宇都宮の巻 上』(下野新聞社/編 下野新聞社 1973)
p10-14に「在職15年の本田市長」の項があり、出身地(「東京深川の宇都宮藩邸で生まれた」とあります)等の経歴が確認できました。
・『日本の歴代市長 市制施行百年の歩み 第1巻』(歴代知事編纂会/編 歴代知事編纂会 1983)
p572に「本多鐐吉」の項があり、生年月(嘉永3年10月)等の経歴が確認できました。
 ・『宇都宮市六十周年誌』(宇都宮市総務部庶務課/編 宇都宮市役所 1960)
  p148に「本多市長時代」の項があり、経歴が確認できました。
・『野州紳士録』(金澤源太郎/編 野州新聞社 1915)
p18に「本多鐐吉」の項があり、生年月日(嘉永3年10月24日)、出身地(「東京深川区清住町の藩邸に産れ」とあり)等の経歴が確認できました。
 ・『栃木県史 通史編 6.近現代(1)』(栃木県史編さん委員会/編 栃木県 1982)
p790~「私立宇都宮聾唖学校」の項で、創立者のうちの一人として、「本多鐐吉」の名前が挙げられています。

※没年月日について、「日」まで掲載されている資料は確認できませんでした。

2「沢田正好」氏について
・『栃木県歴史人物事典』(栃木県歴史人物事典編纂委員会/編集 下野新聞社 1995)
p299に「澤田正好」の項があり、生没年(1894(明治27)~1965(昭和40))等の略歴が確認できました。
 ・『八十年誌』(栃木県立盲学校/編 栃木県立盲学校 1988)
p6-7の「足利鍼灸按講習所」、「県立足利盲学校」の項に沢田氏の施設との関わり等に関する記述が確認できました。また、p57-76に、生没年月日(明27.4.20~昭和40.12.4)、出身地(茨城県大洗町生まれ)、詳細な経歴や家族の手記等が掲載されています。
・『栃木県史 通史編 6.近現代(1)』(栃木県史編さん委員会/編 栃木県 1982)
p794~「私立足利盲学校・栃木県立足利盲学校」に「沢田正好は(中略)大正五年自宅で足利鍼灸按講習所を開いた」という記述があり、当時の様子について「大正十五年創立十周年記念号足利盲学校概況」という資料から引用しています。こちらの資料は、当館未所蔵です。

以下の資料には、関連する記述はありませんでした。
・『九十年誌』(栃木県立盲学校創立記念記念誌係/編 栃木県立盲学校 1999)
・『星霜 とちもう100年のあゆみ』(創立100周年記念誌係/編 栃木県立盲学校 2009)
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
個人伝記  (289 9版)
教育  (370 9版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
本田鐐吉
沢田正好
盲学校
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000139493解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!