このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
島根県立図書館 (2110035)管理番号
(Control number)
島根郷2017-12-001
事例作成日
(Creation date)
2017年12月20日登録日時
(Registration date)
2018年02月02日 11時54分更新日時
(Last update)
2021年02月19日 12時25分
質問
(Question)
小泉八雲を診察したといわれる眼科医、西川自省について知りたい。
回答
(Answer)
当館所蔵資料より、下記の資料を紹介し回答。

資料1:p75-79「眼科医西川自省」の項目あり。
西川自省(にしかわじしょう)、号は潜斎。1858-1912。松江藩家老三谷権太夫の家臣・西川丹八の長男として生まれる。
漢学者・内村鱸香の私塾相長舎、のちに医学を志して松江医院(当時は医学生の養成も行っていた)の医学生となる。
当時眼科の最高権威とされた梅錦之丞(松江出身、梅謙次郎の兄)の元で眼科を研修し、
帝国大学医学部当直医を経て、明治19年(1886)に帰郷し、殿町で開業。
小泉八雲は自省の医院に近い富田旅館に投宿していたが、女中の治療を頼んだという。
八雲自身も治療のために通院していたとしている。
『潜斎詩集』は自省の没後に横山耐雪らが遺稿を集めて出版したもの。

資料2:p79-84に、漢詩人としての西川潜斎についての記述あり。
『潜斎詩集』などについて詳しく述べる。
富田旅館の娘の治療の話は脚注によると、山陰新聞明治23年11月18日付「ヘルヌ氏に関る雑話」に載っているとする。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
個人伝記  (289 8版)
日本文学  (910 8版)
参考資料
(Reference materials)
【資料1】立脇祐十 編著 , 立脇, 祐十. 語りつぐ松江物語. 立脇祐十, 1987.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000001967328-00  (当館請求記号 092.2/48※貸出禁止資料)
【資料2】入谷仙介, 大原俊二 共著 , 入谷, 仙介, 1933-2003 , 大原, 俊二, 1937-. 山陰の近代漢詩. 山陰の近代漢詩刊行会, 2004. http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000007685918-00
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000007685918-00  (当館請求記号 郷貸出 919.6/イ04)
キーワード
(Keywords)
西川自省 西川潜斎
眼科
小泉八雲 ラフカディオ・ハーン
漢詩
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000229793解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!