このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
県立長野図書館 (2110021)管理番号
(Control number)
県立長野-17-085
事例作成日
(Creation date)
2017年9月22日登録日時
(Registration date)
2017年09月14日 09時05分更新日時
(Last update)
2021年03月07日 11時45分
質問
(Question)
「佐久新報」の創設者である「山下猛彌」について知りたい
回答
(Answer)
1 『佐久名流評林』木内政太郎著 佐久名流評林著作部  1909 【N280/34】
 p135‐139に「薬剤師 山下猛彌君」という項があり 写真入りで掲載がある。文中に「明治三十年十月、同志と謀り、自ら資を投じて佐久新報を発刊せり。~後略」という箇所もある。
この資料は国立国会図書館デジタルコレクションで閲覧可能。(インターネット公開資料)78-80コマに掲載あり。
2 『長野県南佐久郡志』復刻版 千秋社 1997【N223/90】大正8年長野県南佐久郡役所刊の復刻
 p309‐310「(13)新聞」の項に山下猛彌等が佐久新聞社を創立し「佐久新報」を創刊したことに始まり、その後の変遷の状況などについて記載がある。
 この資料は国立国会図書館デジタルコレクションで閲覧可能。(図書館送信資料)
 閲覧可能な図書館向けデジタル化資料送信サービス参加館一覧(2021年3月7日最終確認)
 『南佐久郡志』(名著出版 1973)180-181コマに掲載あり。

上記以外の調査済み資料
『郷土信州』志水弥生編 郷土信州社 1936 【N280/132】
『佐久の100年』木内寛[ほか]執筆  郷土出版社 1992 【N220/15】
『佐久人国記』小林牧堂編 佐久人国記刊行会 1929 【N280/68】
『信濃名誉録』西沢俊司編  西沢俊司 1893 【N280/61】
『郷土の華』吉田一作美編  郷土の華刊行会 [1951.4] 【N290/50-1】
『帝国信興名監』丸山孝編 信興社 1904 【N280/7】
『信濃名士伝 初編』松下軍次著  松下軍次  1894 【N280/5】
『信濃人物志』佐藤寅太郎編  文正社 1922 【N280/4】
『信濃人物誌』村沢武夫著  信濃人物誌刊行会事務所  1962 【N280/63】
『角川日本姓氏歴史人物大辞典 20長野県姓氏歴史人物大辞典』角川書店 1996【N288/158/】
『長野県歴史人物大事典』神津良子編 郷土出版社 1989【N283/13/】
「信濃毎日新聞データベース」 (2021年3月7日最終確認)
回答プロセス
(Answering process)
1 長野県全体の人名辞典で調査するが該当なし。
2 佐久に関連した人名辞典を書庫で探す。『佐久名流評林』に該当の掲載あり。
3 明治大正時代に発行された人名辞典を中心に調査するが該当なし。
4 佐久に関連した資料を調査し『長野県南佐久郡志』に「佐久新報」関連の記載を確認する。
5 信濃毎日新聞データベースで検索、該当の記載は確認できず。
6 『佐久名流評林』『長野県南佐久郡志』が国立国会デジタルコレクションで閲覧可能であるか調査したところ、閲覧可能。
事前調査事項
(Preliminary research)
臼田町誌 第5巻』  p197 p199
『蘆花全集 第17巻』 
「国民新聞」明治33年11月18日「遊信雑記(一) 伽流山」
NDC
ジャーナリズム.新聞  (070 10版)
個人伝記  (289 10版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
佐久新報
山下猛彌
信州学
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000221875解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!