このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000195284
提供館
(Library)
豊中市立図書館 (2310050)管理番号
(Control number)
6000028002
事例作成日
(Creation date)
2016/06/08登録日時
(Registration date)
2016年07月28日 00時30分更新日時
(Last update)
2016年07月28日 10時13分
質問
(Question)
豊中市内に、原田神社などもともと牛頭天王を祀っていた神社がいくつかあると思うが、それらの神社のもともとの名前分かる資料がないか。
たとえば、原田神社はもともと「桜塚神」と呼ばれていたはず。
回答
(Answer)
資料で確認できたのは、以下の4つの神社のみ。
牛頭天王、桜墓、桜塚神、桜塚神祠→原田神社
葛上神祠(くずかみしんじ)→牛頭天王→八坂神社(熊野町)
牛頭天王社→椋橋神社
牛頭天王祠→春日神社(豊中市利倉)

『新修豊中市史 2 通史二』p.70に下記の記述あり。
「豊中市域では、明治元年に利倉村の牛頭天王が春日神社に、熊野田村祇園牛頭天王が明治三年に八坂神社に社名を変え、庄本村の牛頭天王も椋橋神社と称するようになっている(『大阪府全志』巻之三)。」


『新修豊中市史 7 民俗』p.296に下記の記述あり。
「第一に、牛頭天王信仰と獅子神事との結び付きを挙げることができる。豊中市域には、桜塚の原田神社、熊野田の八坂神社、庄本の椋橋(くらはし)神社、利倉の春日神社など、牛頭天王を主祭神とする神社が多いが、これらの神社の秋祭りにはいずれも獅子が登場する。それらの獅子は、祭神である牛頭天王と同一視されて「オテンサン」あるいは「オテンノウサン」と呼ばれている。」
具体的な神社名はないが、「豊中市域及びその周辺には、牛頭天王を祀った神社が多く見られる。」という記述がある。
各神社の祭事についてはこの後p.346まで掲載されている。

<原田神社>
「原田神社の沿革」の中で、p.300に質問者が指摘している「桜塚神」が紹介されている。原田神社は「鎌倉時代以降の史料に「牛頭天王」「桜墓」「桜塚神」などの名で登場している」、また、「社名はもともと桜塚神祠、牛頭天王などと称していた」と書かれている。

<八坂神社>
「八坂神社の沿革」の中で、p.326に「社名はもと葛上神祠(くずかみしんじ)と称したが、弘治2年(1556)に牛頭天王と名前を変える。」「八坂神社と社名を改めたのは明治3年(1870)のことである。

<椋橋神社>
「椋橋神社の沿革」の中で、p.334に「椋橋神社の創建については、天正6年(1578)に織田信長の荒木村重討伐の兵火にかかり、社殿や宝物とともに古記録が焼失してしまったために詳しいことは分かっていない」と書かれている。また、p335には「祭神は素盞鳴尊(すさのおのみこと)および神功皇后(じんぐうこうごう)であるが、明治以前は牛頭天王社と称していたことからも分かるように、豊中市域およびその周辺に多く見られる牛頭天王を祀る神社であった。」と書かれているので、明治以前は「牛頭天王社」という社名だったようだ。
また、「江戸時代には神田(こうだ)牛頭天王(池田市神田の八坂神社)、利倉牛頭天王(豊中市利倉の春日神社)とともに、豊島(てしま)三牛頭天王と呼ばれていたという。」とも書かれている。

<利倉の春日神社>
沿革は記載されていなかった。
『大阪府全誌』p.1218「大字利倉」と題する項目に、春日神社についての記述があり、その中に、「摂津志に「牛頭天王祠有三」(中略)「と記せるものすなわち是れにして、其の今の社名に改めしは明治元年なり。」と記載あり。
回答プロセス
(Answering process)
『新修豊中市史 民俗』p.296に「豊中市域には、桜塚の原田神社、熊野田の八坂神社、庄本の椋橋神社、利倉の春日神社など、牛頭天王を主祭神とする神社が多いが、・・・」
『新修豊中市史 通史ニ』p.70に「豊中市域では、明治元年に利倉村の牛頭天王が春日神社に、熊野田村祇園牛頭天王が明治三年に八坂神社に社名を変え、庄本村の牛頭天王も椋橋神社と称するようになっている(『大阪府全志』巻之三)」とある。
両者の記述から、市内で牛頭天王を祀っていたことが確認できたのは原田神社、利倉の春日神社、椋橋神社、八坂神社のみであった。

『大阪府全志』巻之三の記述も確認してみる。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
神社.神職  (175)
参考資料
(Reference materials)
新修豊中市史第2巻豊中市史編さん委員会/編集豊中市 (p.70)
新修豊中市史第7巻豊中市史編さん委員会/編集豊中市 (p.296)
大阪府全志巻之3井上 正雄/著清文堂 (pp.1218,1246,1265)
大阪府神社史資料上巻大阪府神社庁
大阪府神社史資料下巻大阪府神社庁 (pp.279,315,321,330)
大阪府誌第5編大阪府/編纂思文閣 (p.441)
キーワード
(Keywords)
牛頭天王信仰(ゴズテンノウシンコウ)
牛頭天王(ゴズ テンノウ)
原田神社(ハラダジンジャ)
八坂神社(ヤサカジンジャ)
椋橋神社(クラハシジンジャ)
春日神社(カスガジンジャ)
葛上神祠(クズカミ シンジ)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
一般
登録番号
(Registration number)
1000195284解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!