このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
山梨県立図書館 (2110005)管理番号
(Control number)
9000025972
事例作成日
(Creation date)
2017年08月27日登録日時
(Registration date)
2018年11月30日 00時30分更新日時
(Last update)
2018年12月01日 10時42分
質問
(Question)
沖縄県那覇市の久茂地(くもじ)公民館(閉館・解体済み)に「母之光」という母子像があり、揮毫者が「山梨県知事 天野久」だった。設置者は誰で、この像がなぜ沖縄に設置されたのか知りたい。
回答
(Answer)
設置者は「社団法人山梨母をたたえる会」と考えられる。この会の創設者は志村幸雄。

昭和30年6月、『一国一家の隆替は時代を担う青少年の育成如何による。そしてその育成の苗床は家庭であり、家庭教育の中心は母親である。従って母親の自覚と修養こそ現下の急務であると確信し、茲に愛-信-和をモットーとする”母の光会”を創設して、この運動を全県全国に普及したい』との趣旨で作られる。昭和33年には会員3,000人を超える会となる。

この運動を永遠に伝え、全国に普及するために目標となる「母の光像」を建立するため、同年に『山梨母をたたえる会』を結成、当時の天野久知事を会長とする。昭和37年5月5日に甲府市の舞鶴城に「平和の女神母の神(み)像」を建立している。

「平和の女神母の神(み)像」の写真は参考資料『天野久の生涯』にあり、久茂地公民館の像と同じものであった。「母之光」像が設置された昭和41年に、沖縄県に山梨県出身戦没者の慰霊塔が建立され、除幕式に「山梨母をたたえる会」も参加していることからほぼ間違いないと思われる。
ただし、沖縄県に設置した経緯や理由については記述がなく、不明。
回答プロセス
(Answering process)
1.質問者から、インターネットに久茂地公民館の歴史とその像の写真があると聞き、「久茂地公民館 母の光像」で検索したところ、「久茂地公民館が語る まちの記憶(那覇市久茂地)」というウェブページ( https://konoie.okinawatimes.co.jp/info/column/3499/ )から、この建物が完成した昭和41年直後(当時の名称は少年会館)に設置されたことがわかる。揮毫者が山梨県知事であることから、山梨県が贈呈したものかと『山梨県史』を調べるが、そのような記述はなかった。

2.検索キーワードを変えて、インターネットで「母の光 天野久」で検索したところ、沖縄県にある慰霊碑「甲斐の塔」を紹介したウェブページ( https://minkara.carview.co.jp/userid/208886/spot/439410/ )をみつける。その塔の碑文を書いた人が、「社団法人山梨母をたたえる会理事長 山梨母の光会長  志村幸雄」とあった。慰霊塔設置年が昭和41年11月8日(1966年)。

3.地元紙「山梨日日新聞」のマイクロフィルムで当時の記事を探すと、「甲斐の塔」の除幕式に「山梨母をたたえる会」からも参加していることが分かる。県内婦人団体の資料等を調べるが「山梨母をたたえる会」や「山梨母の光会」の名は出てこない。

4.万が一と思い、天野久知事の伝記を確認したところ、『天野久の生涯』に志村幸雄氏が追悼文を寄せていた。その中に「山梨母をたたえる会」設立の趣旨や、山梨県甲府市に「平和の女神母の光像」があることがわかる。その像は久茂地公民館の像と同じ。ただ沖縄に設置したことは何も記述がなかったため、沖縄に建立した経緯や理由はわからなかった。またこの資料以外に、「山梨母をたたえる会」「山梨母の光会」について書かれた資料は見つからなかった。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
貴重書.郷土資料.その他の特別コレクション  (090)
参考資料
(Reference materials)
https://konoie.okinawatimes.co.jp/info/column/3499/  (コノイエプラス「久茂地公民館が語る まちの記憶(那覇市久茂地)」(最終アクセス日 平成30年6月1日))
https://minkara.carview.co.jp/userid/208886/spot/439410/  (みんカラ「甲斐之塔」(最終アクセス日 平成30年6月1日))
沖縄大百科事典刊行事務局 編 , 沖縄大百科事典刊行事務局. 沖縄大百科事典 中 ケ〓ト. 沖縄タイムス社, 1983.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I010310370-00  (291.99/オキ/2 p430)
山梨県/編集 , 山梨県. 山梨県史 通史編6. 山梨日日新聞社, 2006.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I005561037-00  (K20/ヤマ/)
天野久の生涯. 天野久翁顕彰会, 1973.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000001219303-00  (K289/アマ/ p506~508)
山梨日日新聞社 編 , 山梨日日新聞社. 山梨百科事典 増補改訂版. 山梨日日新聞社, 1992.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000002386549-00  (K03/ヤマ/)
マイクロフィルム「山梨日日新聞」 (昭和37年5月7日(7面)、昭和41年11月9日(10面))
キーワード
(Keywords)
天野久
母の光像
山梨母をたたえる会
山梨母の光会
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000246673解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!