このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼浦-2011-114
事例作成日
(Creation date)
2011年11月30日登録日時
(Registration date)
2012年03月13日 08時21分更新日時
(Last update)
2012年05月31日 17時45分
質問
(Question)
大正6年の埼玉女子師範学校の就学年とカリキュラムについて知りたい。
回答
(Answer)
1 就学年について下記の資料を紹介した。
『埼玉県教育史 4』(埼玉県教育委員会 1971)
p670-671「埼玉県師範学校学則の改正一覧表」
p671 入学資格について記述あり。
「40・四省令十二号による 予備科はニか年の高小卒又は十四歳以上、健全、品行方正。本科一部は予備科卒又は三か年の高小卒又は十五歳以上。二部 女子は二年の時四年の高女卒、十六歳以上 一年の時五年の高女卒、十七歳以上」とあり。
p678「生徒募集規則・細則改正の一覧 文部省令との関連」に就学年について記述あり。
「省令十二号(四〇・四・十七)師範学校規程 要点 予備科は修業ニか年の高小卒又は十四歳以上で同等の学力。本科一部は予備科修了又は修業三年の高小卒又は十五歳以上で同等の学力。女子二年~四年の高女卒又は十六歳以上で同等の学力。一年~五年の高女卒又は十七歳以上で同等の学力。方法は予備科修了者以外は四か月の仮入学後本入学欠員のある時補欠。」とあり。 

『百年史』
p185 「埼玉師範学校」の項に、明治末年の「埼玉県師範学校諸規則」の紹介あり。
入学について、
予備科の入学には「修業年限ニヶ年改正小学校高等小学校卒業者、又ハ年齢一四年以上ニシテ之ト同等ノ学力ヲ有スル者。」とあり。
本科第一部の入学には「予備科修了者、修業年限三箇年改正小学校令ノ高等小学校卒業者又ハ年令十五年以上ニシテ之ト同等ノ学力アル者。」とあり。
本科第二部の入学にはは「中学校卒業者、又ハ年令十七年以上ニシテ之ト同等ノ学力ヲ有スル者。」とあり。
p500-501「第二部 埼玉県女子師範学校 第二節 制度・編成、学科課程」
「制度・編成」
p501 埼玉女師の「学校沿革史」から引用で、大正二年二月四日、「埼玉県令第八号」による学則の一部改正についての記述があり、その中に「この措置は、本科入学資格が三年制の高小卒であり、しかも三年制高小が必ずしも普及していない(中略)状況ではかなり思い切った措置である」とあり、大正二年の時には、本科入学資格は「三年制の高小卒」であったことがわかる。
また、「この学則改訂では、従来の入学資格条件「本県ニ本籍ヲ有シ」を緩和し、寄留者を認めるように改める」とあり。
また、「女師では、大正五年度の生徒募集からは「修業年限ニ箇年ノ高等小学校ヲ卒業シタル者」とするにいたった。」とあり改訂があったことがわかる。
本科の他に
p503「講習科」(「尋常小学校本科正教員講習科((尋正、修業年限二年))についての記述あり。
尋正の入学資格は
「年齢満十五年以上ニシテ尋常小学校准教員ノ資格ヲ有スル者」
「志願者ノ数募集人員ニ超過セサル時ハ尋常小学校准教員ニ就キテハ学科試験ヲ行ハス」とあり。
「大正八年には修業年限二年の裁縫専科正教員講習科(裁専)を開設して隔年に募集を始めている。」とあり。
裁専の入学資格は、
「実科高等女学校卒業者及之ト同等ノ学力ヲ有スル者」
「志願者ノ数募集人員ニ超過セザル時ハ実科高等女学校卒業者ニハ学科試験ヲ行ハス」とあり。

2 カリキュラムについて
『埼玉県教育史 4』※前掲資料
p693「埼玉県女子師範学校学科と時間数一覧(明治四〇年より大正七年まで)
(明治41年2月、明治44年3月、大正4年8月の三か年について一覧表になっている。)
「大正四年八月
・本科一部一学年
 修身2、国語及漢文6、数学3、博物2、裁縫5、図画及手工2、習字3、地理2、歴史2、音楽2、体操3の計32
・本科一部二学年
 修身1、教育2、国語及漢文4、数学3、博物2、物理及化学2、裁縫5、図画及手工1、習字3、地理2、音楽2、体操3、歴史2 計32
・本科一部三学年
 修身1、教育3、国語及漢文4、数学2、博物1、物理及化学3、裁縫4、図画及手工1、家事3、習字3、地理1、音楽2、体操3 計32
・本科一部四学年
 修身2、教育3実習9、国語及漢文2、数学2、物理及化学4、裁縫3、家事2、習字2、音楽1、体操2 計32」
本科二部及び予備科の時間数についても記載あり。

『百年史』※前掲資料
p506-509「学科課程」
学科についての記述あり。
また、大正四年八月の女師の各学科目の週時数と師範学校規程の比較ができる表が掲載され、「図画手工の時数を四年間で七時間を減じて、これを習字の時数にあて、歴史を二時間減じて、これを裁縫にあてている。物理化学を一時間増としている点を除けば、いわゆる女子教育という性格を規程以上に強調していることがわかる。」とあり。

『埼玉県女師師範学校一覧 自大正三年四月 至大正四年三月』
大正三年度の編制あり。
p4-7「編制」
本科第一部、本科第二部、尋常小学校本科正教員講習科の学科目、課外研究課題等の記載あり。
「本科第一部
修身、教育、国語及漢文、歴史 地理、数学、博物、物理及化学、家事、裁縫、習字、図画、手工、音楽、体操
本科第二部
修身、教育、国語及漢文、数学、博物、物理及化学、裁縫、図画、手工、音楽、体操
尋常小学校本科正教員講習科
修身、教育、国語、歴史及地理、数学、理科、家事、裁縫、習字、図画、手工、音楽、体操
臨時講習科
其都度之ヲ定ム」
その他に、実習等の記載あり。
「各学科実習 課業以外に各学年の配当 第一学年 博物、図画 第二学年 博物、図画、養蚕、歴史地理 第三学年 物理及び化学、図画、歴史地理 第四学年 家事、図画、歴史地理」
「課外教授 第一学年生徒毎週二時間英語ヲ課ス 第二学年及第三学年生徒ニ毎週一回活花ヲ課ス 本科二学年以上及講習科生ニ隔週一回楽器使用ヲ課ス 各学年劣等生徒ニ各学科ノ特別教授ヲナス」との記述あり。
他に課外研究課題として休暇中の課題、修学旅行等の記述がある。
p28「教科用図書」
本科、講習科使用の教科書名、及び本科第一部、本科第二部、講習科の各学年毎の教科書配当表の記載がある。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
大学.高等.専門教育.学術行政  (377 9版)
貴重書.郷土資料.その他の特別コレクション  (090 9版)
参考資料
(Reference materials)
『埼玉県教育史 4』(埼玉県教育委員会 1971)
『百年史』(埼玉大学教育学部百年史編集委員会編 百年史刊行会 1976)
『埼玉県女師師範学校一覧 自大正三年四月 至大正四年三月』(埼玉県女子師範学校 1915)
キーワード
(Keywords)
埼玉女子師範学校
埼玉師範学校
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
図書館
登録番号
(Registration number)
1000103455解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!