このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
京都府立京都学・歴彩館 (2110022)管理番号
(Control number)
京資-256
事例作成日
(Creation date)
2010年11月05日登録日時
(Registration date)
2013年08月24日 09時37分更新日時
(Last update)
2019年11月27日 14時14分
質問
(Question)
明治時代の祇園にあった自由亭について知りたい。
回答
(Answer)
自由亭は明治10年、八坂神社大鳥居前に開業した西洋料理屋で、経営者は大阪でホテルと西洋料理の店を開いて成功した草野丈吉とされる。

『明治大正図誌 第10巻』のp134~135「洋風ホテル自由亭」に、自由亭の広告が記載されている。この広告は、『都の魁』(『新撰京都叢書 第6巻』のp140~141に収録)に記載されているものを引用している。

また、自由亭の詳細については、『京都ホテル100年ものがたり』のp146~148、『大阪の歴史』第71号のp23~38に記載されている。
回答プロセス
(Answering process)
1.『京都大事典』『京都府百年の年表』『新修京都叢書』『新撰京都叢書』の索引などで、「自由亭」を調べたが見つからなかった。

2.インターネットで「自由亭 祇園」を調べたところ、『明治大正図誌 第10巻』と『京都ホテル100年ものがたり』に、自由亭について記載されていることが分かった。

3.『明治大正図誌 第10巻』を調べたところ、p134~135に「洋風ホテル自由亭」があり、記述の典拠に『都の魁』が記載されていた。

4.『都の魁』が収録されている『新撰京都叢書 第6巻』を調べた。

5.CiNiiで、キーワード「自由亭」を検索した。検索の結果見つかった資料を京都府立総合資料館・京都府立図書館の蔵書検索システムで検索し、当館で所蔵している堀田暁生「中之島の自由亭ホテルと草野丈吉について」(『大阪の歴史』第71号 p23~38 2008年)を調べた。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
商業経営.商店  (673 9版)
参考資料
(Reference materials)
『明治大正図誌 第10巻』 筑摩書房 1978年 163,4p (当館請求記号216/ME25/10)
『新撰京都叢書 第6巻』 新撰京都叢書刊行会/編 臨川書店 1985年 408p (当館請求記号K0/291.62/SH69/6)
『京都ホテル100年ものがたり』 京都ホテル/[編]刊 1988年 383p (当館請求記号K1E/689.8/KY6)
『大阪の歴史』 大阪市史編纂所/編刊 (当館請求記号オオサ)
キーワード
(Keywords)
自由亭
西洋料理
草野丈吉
京都ホテル
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000136242解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!