このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
島根県立図書館 (2110035)管理番号
(Control number)
島根郷2017-07-003
事例作成日
(Creation date)
2017年7月14日登録日時
(Registration date)
2018年05月19日 11時35分更新日時
(Last update)
2020年01月07日 16時14分
質問
(Question)
浜田藩において心学が普及していたか知りたい。
回答
(Answer)
当館所蔵資料より、下記の資料を紹介し回答。

資料1:p316-318「庶民の教化」の項目に記述あり。浜田藩内では、庶民の教化の場は寺社・寺子屋・塾程度であった。そのうち、竹迫神正寺には浜田藩の重臣・都筑唯重の嫡子で早世した重長が葬られており、これを嘆いた家臣たちが命日に集まり仏法を聞いた。これを「尽性舎」と名付けて庶民の教化の場となった。文化9年(1812)に、石門心学の重鎮である大島有隣が津和野から浜田にかけて、儒書講釈・古今史話などを説教して歩いていることから、この頃には浜田でも広く心学による教化活動が行われていた、としている。

資料2:「学問と美術工芸」よりp824に浜田藩についての記述あり。「浜田藩の国学の祖は松平新清元麿(~一七三九)であり、都筑唯重(金丸翁)(~一七五四)は神道・儒教・仏教を融合した心学を説いたが、神や日本人について国学的な意識を持っていた」とあり。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本  (291 8版)
中国地方  (217 8版)
日本思想  (121 8版)
参考資料
(Reference materials)
【資料1】浜田市誌編纂委員会 編 , 浜田市誌編纂委員会. 浜田市誌 上巻. 浜田市, 1973.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I069363041-00  (当館請求記号 092.96/46/1※貸出禁止資料)
【資料2】島根県 編 , 島根県. 新修島根県史 1. 臨川書店, 1984.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I069447896-00  (当館請求記号 092/790/1※貸出禁止資料)
キーワード
(Keywords)
石門心学
石田梅岩
島根県
浜田藩
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000235739解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!