このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
香川県立図書館 (2110006)管理番号
(Control number)
8784
事例作成日
(Creation date)
2008年08月02日登録日時
(Registration date)
2008年08月02日 13時09分更新日時
(Last update)
2018年03月07日 16時54分
質問
(Question)
高松藩校、講道館での教育および水戸学の高松藩への影響について
回答
(Answer)
1 講道館に関する記述のある資料は次のとおり
  
 ・「香川県史 3(通史編 近世1)」(香川県/編 四国新聞社 1989年発行)

  第九章学問・芸術 その一 第二節各藩儒学者と文教政策 三 高松藩の藩校(668~678)

 ・「香川県教育史」(香川大学学芸学部同窓会/編 大和学芸図書 1978年発行)

  第6章江戸時代 第2節藩学、第3節幕府に登庸された讃岐出身の儒学者及び医師
  第4節各学派の学者 (83~121頁)

 ・「志を嗣ぐ-後藤芝山から山田晋香」(井下香泉/著 讃岐先賢顕彰会 2006年発行)

  講道館総裁でもあった後藤芝山、菊池縄武など、菊池黄山-後藤芝山-柴野栗山-菊池縄武
  -山田鹿庭-山田梅村-山田晋香と続く学問の系譜について書かれている。
 
 ・「香川大学教育学部研究報告 第1部第37号」(香川大学教育学部/編 香川大学教育学部 1974年発行)
  に収録の「高松藩学講道館の新建大聖廟記について」(藤川正数著)(1~28頁)
  
  この研究報告は、松平頼恕の時代、天保3(1832)年に講道館に建造された聖廟に関するもの。

 ・「増補高松藩記」(永年会/編 永年会 1932年発行)
  
  「旧高松藩内学事沿革大要」の収録があり、講道館を中心とする高松藩の学事の変遷についても
  触れている。(573~579頁)

2 幕末期の教育で水戸学からの影響の有無
 
  幕末期の水戸学の高松藩への影響に関しては、次のような資料を所蔵している。

 ・「讃岐の儒学者と水戸学の周辺」(井下香泉/著 讃岐先賢顕彰会 2007年発行)
  
 ・「香川史学 第28号」(香川歴史学会/編 香川歴史学会 2001年発行) に収録の「高松藩の藩政改革と修史事業」
  (胡 光/著)(26~43頁)

  この論文は、高松藩の藩政改革における文教政策の意義を、特に修史事業を中心に考察し、水戸徳川家
  「大日本史」の続編を目指したという高松松平家「歴朝要紀」の内容についても分析していている。
  
  構成は次のとおり。
  1 「水戸学」の影響と修史事業
  2 「歴朝要紀」の構成と諸本
  3 「大日本史」と 「歴朝要紀」
 
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
四国地方  (218 8版)
日本思想  (121 8版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
講道館
藩校
水戸学
香川県
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000046270解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!