このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
山口県立山口図書館 (2110020)管理番号
(Control number)
0000110875
事例作成日
(Creation date)
2020年09月23日登録日時
(Registration date)
2020年12月19日 14時28分更新日時
(Last update)
2020年12月20日 15時42分
質問
(Question)
萩藩および毛利氏の便覧的な資料である『もりのしげり』の「旧長藩職役一覧表」に、「札座悩借方」(「札座悩借」の部分に「フダザナヤミカリ」と読みがなあり)という役職が載っている。これについて、次の2点が知りたい。(研究論文があるとよい。) 1.どういう役職か 2.「フダザ」との読みがあるが、「サツザ」ではないか。
回答
(Answer)
不明。

後日追記
下記資料1に、萩藩の職制について記述がある。「悩借方」として、「悩みとは斡旋の意味である。諸士の給録を担保とし、藩政府から借用した米銀の返納、あるいはその延期を周旋する役であって、御手廻組の士をこれに任じた」とある。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
事前調査事項
「札座悩借方」は、『もりのしげり」(時山弥八 著,マツノ書店,2015)p298にあり。

『防長歴史用語辞典』(石川卓美 編,マツノ書店,1986)の「ふ」「さ」の項に「札座」なし。
『近世防長古文書用語辞典』(石川敦彦 編,石川英子,2017)は「札座(さつざ)」の項があり、簡単な解説のみ。「享保16年(1731年)札座を設け、藩札と米との交換、正金銀との交換、大坂為替銀、大阪登せ銀等を扱わせた。萩、浜崎の豪商一〇人を札座に任命した。」
NDC
日本史  (210 9版)
参考資料
(Reference materials)
1.山口県/[編] , 山口県. 山口県文化史 通史篇. マツノ書店, 1977.
https://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I020555781-00  (p473)
キーワード
(Keywords)
山口県--辞典
古文書--辞典
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土 言葉
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000291015解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!