このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000242000
提供館
(Library)
山梨県立図書館 (2110005)管理番号
(Control number)
9000020492
事例作成日
(Creation date)
2016年05月22日登録日時
(Registration date)
2018年09月06日 08時28分更新日時
(Last update)
2018年10月12日 11時43分
質問
(Question)
魚町(甲府市中央)が誕生したのはいつか。魚屋が何軒くらいあったのか。一番古い店は何という店か。
回答
(Answer)
『角川日本地名大辞典 19 山梨県』によると、魚町は甲府城築城による城下町造営によるとし、その名の由来を「武田氏の時代肴の市を立てたところであったことによる」と『甲府略志』を典拠に記している。『日本歴史地名大系 19 山梨県の地名』には、町名が1636(寛永13)年の「柳町伝馬請負証文」に見えるとある。1686(貞享3)年「町中諸問屋改帳」では魚問屋2軒、1785(天明5)年直売直卸を禁じた町触が出た当時の魚町の魚問屋は3軒、魚仲買が24軒。
一番古い店については不明だが、『甲府街史』には、徳川氏の時代から今井家の祖先が「森田屋」の屋号で魚荷問屋の元締めとして采配を振るい、明治維新まで続いたと記し、「みな与」は武田信玄家臣の飯島宗幸が家康に仕え、2代目伊兵衛が甲府に出て魚問屋を開業したとしている。『甲府買物独案内』(1854(嘉永7)年)には、魚問屋「湊屋八良右ヱ門」「盛田茂右ヱ門」「佐渡屋善兵衛」「濵松屋長十郎」、魚仲買「小田原屋弥七」「松阪屋源右衛門」「湊屋与八」が掲載されている。
回答プロセス
(Answering process)
1.『角川日本地名辞典』19山梨県(角川書店 1984)で「うおまち 魚町」の項目を見る。

2.『日本歴史地名大系』19山梨県の地名(平凡社 1995)の「魚町」の記述を確認。

3.『甲府街史』(中丸眞治・楠裕次共著 山梨日日新聞社 1995)の第2部「甲府の老舗」中の「魚町」を見る。

4.「山梨デジタルアーカイブ」 http://digi.lib.pref.yamanashi.jp/archive/wiki.form で「甲府買物独案内」(1857年)の「う」から魚問屋、魚仲買の掲載を確認。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本  (291 9版)
商業経営.商店  (673 9版)
参考資料
(Reference materials)
「角川日本地名大辞典」編纂委員会 編纂. 角川日本地名大辞典 19 (山梨県). 角川書店, 1984.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000001702536-00 , ISBN 4040011902 (p.160-161)
日本歴史地名大系 第19巻 (山梨県の地名). 平凡社, 1995.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000002463416-00 , ISBN 4582490190 (p.325)
中丸真治, 楠裕次 共著 , 中丸, 真治, 1949- , 楠, 裕次, 1924-. 甲府街史. 山梨日日新聞社出版局, 1995.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000002552334-00 , ISBN 489710999X (p.221-222,224)
キーワード
(Keywords)
魚町
甲府市
地名
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土 地名
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000242000解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!