このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000249166
提供館
(Library)
津山市立図書館 (2310173)管理番号
(Control number)
津山市2016-114
事例作成日
(Creation date)
2016年04月23日登録日時
(Registration date)
2018年12月23日 15時38分更新日時
(Last update)
2019年01月21日 15時26分
質問
(Question)
旧阿波村の「お夏の墓」の伝説について知りたい。
回答
(Answer)
諸説あるが、阿波村誌p390.391には、江戸時代中期、深山渓谷にある一つの淵に木地師の娘が入水してこの世を去った。
伝聞によると、娘の名はおなつといい、とても美しく可愛かったそうで、その美しさは、当時の津山藩主松平康致の耳にも入っていたとのことである。
娘おなつは年ごろになると木樵の若者と恋仲になって幸せの絶頂にあったが、ある日その若者が他所に行ってしまい、いくら待っても帰ってこない。
おなつは悲しみのあまり、近くの淵に身を投げて自殺してしまった。
娘が身を投げた淵を人々は。おなつ淵とよぶようになり、この淵では夜になるとときどき女のすすり泣く声が聞こえてくることがあるといわれている。
おなつの墓は、鳥取県境に程近い嶮所谷に現存しているが、当時の娘の墓としては、墓石の上にお地蔵様を置くというりっぱなもので、お地蔵様の首は、首を抱いて寝ると、おなつのような美しい娘が生まれるとか、美しい嫁が来るという人のうわさを信じて誰か持ち去ったものらしく今はなくなっている。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本  (291 8版)
参考資料
(Reference materials)
『阿波村誌』1993年. p. 390-391
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土 人物
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000249166解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!