このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000212018
提供館
(Library)
福井県立図書館 (2110037)管理番号
(Control number)
福井県図20160725-1
事例作成日
(Creation date)
2016年07月25日登録日時
(Registration date)
2017年03月16日 10時33分更新日時
(Last update)
2017年03月22日 17時54分
質問
(Question)
上田三平が大正9年(1920)に文部省技師・中川忠順を案内した史蹟調査の新聞記事が見たい。
回答
(Answer)
福井県文書館所蔵の福井新聞写真複製本(A1061)に11月30日分の記事があり、同日に永平寺を調査する予定だったことがわかり、『史跡を訪ねて三十余年』の記載から、その後岩屋観音を訪れたと推測される。但し、その翌日12月1日分の新聞は残っていないので、質問内容に該当する記事は確認できなかった。
回答プロセス
(Answering process)
「文書館所蔵日付別新聞情報」ファイルにより、「福井新聞」の所蔵日付を確認。
大正9年(1920)分は、製本№「A1061」と「S00201」にそれぞれ10~20日分程度しか残っていない。
「A1061」11月30日第3面に次の記事があった。
●「仏像や仏画を全県下に渉りて調査開始」の見出しで、以下の内容が書かれている。
・国宝編入調査のため文部省技師・中川忠順が11月29日来福。名和屋旅館に投宿。
・上田三平氏の案内で、同日丸岡町の寺院を調査。
・その後の調査予定を列挙。
 11月30日 永平寺、12月1日 平泉寺 …(略)… 12月6日 佐分利村万願寺。
・途中、敦賀と小浜で一泊する。
⇒『史跡を訪ねて三十余年』の記述から推測すると、11月30日に永平寺調査の後、岩屋観音を訪れたと推測される。石碑の日付とも合致する。「福井新聞」の12月1日分は残っていないので、質問内容に該当する記事は確認できない。(その翌日の12月2日分は残っているが、関連記事はない)
※ この時の調査記録は『若狭及び越前に於ける奈良朝以後の主なる史蹟(福井県史蹟勝地調査報告 第2冊)』福井県内務部、1921 にまとめられている。但し、調査日程等の記載はない。
事前調査事項
(Preliminary research)
『勝山市の石碑』勝山市教育委員会史跡整備課、2014のp166に、2人が勝山市の岩屋観音を訪問した際の石碑が記載されており、「大正9年11月30日」の日付がある。また『史跡を訪ねて三十余年』上田三平・著、上田三平、1950のp26にこの時の回顧があり、岩屋観音を訪れた翌日の「福井新聞」に記事にされたことが記載されている。
NDC
芸術政策.文化財  (709)
個人伝記  (289)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
上田三平
中川忠順
文化財調査
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土 人物
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000212018解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
未解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!