このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000187760
提供館
(Library)
香川県立図書館 (2110006)管理番号
(Control number)
18326
事例作成日
(Creation date)
2016年02月02日登録日時
(Registration date)
2016年02月02日 13時30分更新日時
(Last update)
2018年10月30日 09時42分
質問
(Question)
日柳燕石が書いた日記は?
回答
(Answer)
(1)次の資料に日柳燕石が書いた日記が含まれる。

 ・近世紀行文集成 第2巻(九州篇) 板坂耀子/編 葦書房 2002.9(郷土資料コーナー・禁帯出)
   ※「旅の恥かきすての日記(日柳燕石/著)」

(2)次の情報も参考になると思われる。

・『旅の恥かき捨ての日記』と日柳燕石(板坂耀子研究室)
    http://ww1.fukuoka-edu.ac.jp/~itasaka/kikou/tabinohaji.html

※次のような記述あり。

    「(ニ)「燕石贅人」の筆名

 この紀行の序文の署名は「燕石贅人」である。燕石は非常に多くの号を用いていた。相原友三郎氏「日柳燕石研究」2(昭和四三年 私家版)によると、これは勤皇の徒として幕府に追われる身であったことも作用して、めまぐるしく筆名を変えたという事情もあるようである。相原氏の研究は膨大かつ詳細をきわめており、燕石が使用した号についても次のようなものを、ひとつひとつ解説を附しつつ挙げておられる。

 長松・長二郎・長次郎・士煥・子煥・政章・世章・章・彰・ 石・春園・賢乎已堂・芭蕉書屋・緑天居・蕉陰居・鴛石・文雅叢・容膝堂・篁陰居・有余亭・有余庵・丁字円亭・可可貧居・可可貧居南軒・呑松楼・柳東軒・柳東・愛松軒・撫松楼・剱山・剱吾・雪月皆宜楼・四時字皆宜楼・皆宜楼・双松閣・双竜閣・呑象楼・呑象楼主人・呑象・観雷亭・観雪処・林荘・林亭・ 楼・ 堂・三白・三楽・九白堂・三 ・杞憂陳人・赤松剣五・剣吾・献吾・耕吉・浩吉・加島屋・総兵衛・猿赤・艶春・艶史・艶籍・楊生・枯楊・藻東野人・安楽居・安楽居主人・泰楼・半獄舎・半楽居・半楽・蜃気楼・神楼・鼈穴・鼈居・古狸窟幽人・捫蝨・門蝨(この他、楽王・其命閣・東軒などの号については疑問がある)

 一見してわかる通り、この中に「燕石贅人」の名はない。しかし、これだけ多くの号を使った燕石であることから、このような和文紀行の一作品に限って用いた名があったとしても不自然ではない。とりわけ、前節で述べたような、漢詩集との内容の一致などから考えても、この紀行は燕石の作品であると考えてよいだろう。」


・「旅の恥かき捨ての日記」(補充分・その1)(板坂耀子第三研究室)
    http://blogs.yahoo.co.jp/yukiusagitei/63337203.html

・「旅の恥かき捨ての日記」(補充分・その2)(板坂耀子第三研究室)
    http://blogs.yahoo.co.jp/yukiusagitei/63337256.html
回答プロセス
(Answering process)
(1)次の図書の目次等を確認したが、「日記」等に関する内容は見当たらなかった。

・日柳燕石全集 日柳燕石/著 香川新報社 1923.8

・日柳燕石先生小伝 神余潮外/著 榎井村 燕石会 1937.8

・勤王奇傑日柳燕石伝 草薙金四郎/著 文友堂 1939.11
・日柳燕石 田村栄太郎/著 春陽堂書店 1939.10

・日柳燕石研究 1 相原言三郎/著 1967.6
・日柳燕石研究 2 相原言三郎/著 1967.10
・日柳燕石研究 3 相原言三郎/著 1968.3
・日柳燕石研究 4 相原言三郎/著 1968.8

(2)次の資料に掲載なし。

・日記解題辞典 古代・中世・近世 馬場萬夫/編 東京堂出版 2005.9 210.031
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日記.書簡.紀行  (915)
日本  (291)
日本史  (210)
参考資料
(Reference materials)
板坂耀子 編 , 板坂, 耀子, 1946-. 近世紀行文集成 第2巻(九州篇). 葦書房, 2002.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000003676059-00 , ISBN 4751208489 (p.20「・・・ところが、管見によると、この『旅の恥かきすての日記』だけは、燕石関係の資料として従来とりあげられたことがない。・・・」)
馬場萬夫 編 , 馬場, 万夫, 1934-. 日記解題辞典 : 古代・中世・近世. 東京堂出版, 2005.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000007922226-00 , ISBN 4490106785
キーワード
(Keywords)
『旅の恥かき捨ての日記』
『旅の恥かきすての日記』
日柳燕石
西遊日記
第一冊「旅乃恥かきすての日記  巻之上」
第二冊が「旅の恥書捨乃日記 巻之下 燕石贅人著」
燕石贅人
915.5 : 日記.書簡.紀行
近世の九州紀行
日本-歴史-史料-書誌
日記-書誌
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土 人物
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000187760解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!