このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000165452
提供館
(Library)
鎌倉市中央図書館 (2310107)管理番号
(Control number)
鎌中-2014144
事例作成日
(Creation date)
2013年11月07日登録日時
(Registration date)
2014年12月26日 14時48分更新日時
(Last update)
2019年03月03日 11時58分
質問
(Question)
歌の橋の由来となった、渋川兼守が荏柄天神社に奉納したという和歌十首を知りたい。
回答
(Answer)
◆「歌の橋」の由来は、謀反の罪で罰せられることになった渋川兼守が、和歌十首を詠んで荏柄天神社に奉納したところ、将軍・源実朝がこの歌を見て感動し、罪を許した。助かった兼守がお礼に作った橋が「歌の橋」とよばれるようになった、というものです。

◆兼守の和歌は伝わっていません。(『鎌倉史跡事典』歌の橋の項より)
回答プロセス
(Answering process)
①元になった記事を見る。『吾妻鏡人名索引』で兼守が登場する記事を探す。

②『吾妻鏡』健保元年二月十五・十六・二十五・二十六日条が元になった記事。
全部見るが和歌は載っていない。

③実朝とのエピソードなので、実朝の伝記をチェックする。金槐和歌集も年のためチェックする。→載っていない。

④『大日本史料』で健保元年二月十五日条を確認する。→載っていない。

⑤歌の橋について調べる。『鎌倉の地名由来事典』『鎌倉なるほど辞典』『鎌倉子ども風土記』『鎌倉史跡事典』。歌の橋のエピソードは載っているが、若は載っていない。
『鎌倉史跡事典』の歌の橋の項に「兼守の和歌は伝わっていない」とあった。

⑥渋川兼守について調べる。『中世前期上野の地域社会』(P230),『群馬県史 資料編』→和歌は載っていない。

結局和歌は載っていなかった。伝わっていないということでよいか。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本史  (210 8版)
日本  (291 8版)
詩歌  (911 8版)
参考資料
(Reference materials)
『鎌倉史跡事典』 奥富敬之 新人物往来社 1999 【291.3】
『吾妻鏡 第二(新訂増補国史大系)』 吉川弘文館 1968 【K1 210.42】
『大日本史料 第四編之十二』 東京帝国大学史料編纂所 大正元 【R 210.08】
健保元年二月十五日条
『鎌倉の地名由来辞典』 三浦勝男 東京堂 2005 【291.3】
『鎌倉なるほど事典』 楠本勝治著 三浦勝男監修 実業之日本社 2002 【K1 291.3】
『鎌倉子ども風土記 第13版』 鎌倉市教育センター 鎌倉市教育委員会 2009 【291.3】
『中世前期上野の地域社会』 久保田順一 岩田書院 2009 【K 213.3】
P230 渋川兼守について
キーワード
(Keywords)
渋川兼守 しぶかわ かねもり
歌の橋 うた の はし
源実朝 みなもと の さねとも
荏柄天神社 えがらてんじんしゃ
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土 人物
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000165452解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!