このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
由利本荘市岩城図書館 (2300031)管理番号
(Control number)
由本岩図ー20100519-1
事例作成日
(Creation date)
2010年05月09日登録日時
(Registration date)
2017年12月12日 16時45分更新日時
(Last update)
2017年12月12日 17時09分
質問
(Question)
港合戦について知りたい。
1.天正16年~17年ごろ(1588~1589)の第三次湊合戦で安東実季に助力した赤尾津治部少輔の名前
2.湊合戦で安東氏・由利十二頭と戸沢氏・小野寺氏の仙北連合軍が戦った場所
回答
(Answer)
『本荘市史 通史編Ⅰ』P471~473に「湊合戦と由利衆」について記載があるが、赤尾津氏の名前・合戦の場所は不明。
該当ページの内容でよいということでコピーを渡した。なお、後日下記の内容を調べたが、確証には至らず。
1.『赤尾津系大井家伝承記』P71に「~後年に至り赤穂津左衛門尉光重(後 治部少輔と改む)」と記載あり。この人物が湊合戦に参戦した赤尾津治部少輔と断言できないが、非常に近い存在と思われる。
2.『本荘の歴史 普及版』P51に湊合戦と由利衆についての記述あり。「脇本城を棄てて檜山城(能代市)に入った実季は、一五〇~一六〇日にも及ぶ苦しい籠城の末、勝利を得ます(湊合戦)。この苦境で大いに活躍したのが赤宇曾治部少輔、その弟、羽川新助、仁賀保氏らの由利衆でした。」とあり、能代市のホームページ内「能代観光百景・史跡」にも「立山(大森館跡)檜山城跡の南に位置し、天正17(1589)年に一族の湊安東道季との間で争われた「湊合戦」の際に檜山方の前進基地になったと考えられる砦跡です。」とあるので、檜山城とその周辺において合戦があったと思われる。
回答プロセス
(Answering process)
以下の資料を探すも確証できる記載はなかった。
『本荘市史 通史編Ⅰ』、
『本荘市史 史料編Ⅰ上』P470~474湊合戦・安東実季について、
『本荘市史 史料編Ⅰ下』P160、162湊・檜山両家合戦覚書、
『亀田郷土史上』P13~24由利十二頭の仙北・横手の戦い、
『岩城町史』P77~78赤宇津について、P79~80湊合戦について
『本荘の歴史 普及版』P40~41、P49~52
『赤尾津系大井家伝承記』P71
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
東北地方  (212 9版)
参考資料
(Reference materials)
『本荘市史 通史編Ⅰ』1987 本荘市編集 本荘市
『本荘市史 史料編Ⅰ上』1984 本荘市編集 本荘市
『本荘市史 史料編Ⅰ下』1985 本荘市編集 本荘市
『亀田郷土史 上』1968 岩城町郷土史編集委員会
『岩城町史』1996 岩城町町史編集委員会編集 岩城町教育委員会
『本荘の歴史 普及版』2003 本荘市
『赤尾津系大井家伝承記』1986 大井学治・大井俊郎著
キーワード
(Keywords)
湊合戦
赤尾津
赤宇津
安東実季
由利十二頭
戸沢
小野寺
檜山
本荘市史
安東道季
赤尾津左衛門尉光重
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土 人物
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000226286解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
未解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!