このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼熊-2015-147
事例作成日
(Creation date)
2014年08月15日登録日時
(Registration date)
2016年01月27日 14時47分更新日時
(Last update)
2016年05月10日 16時24分
質問
(Question)
「埼玉群馬両県奇譚」(伊藤道斎著)がみたい。著者は明治34年没。
回答
(Answer)
埼玉県立図書館所蔵資料では確認できなかった。
回答プロセス
(Answering process)
《Google》( https://www.google.co.jp/  Google)を〈埼玉群馬両県奇譚〉で検索する。
個人ブログから、羽生領に住む医師・郷土史家の伊藤道斎が『埼玉群馬両県奇譚』の中で木戸忠朝の供養碑について触れているとの情報を得る。

《Googleブックス》を〈伊藤道斎〉で検索する。( http://books.google.co.jp/  Google) 
「羽生市史 1」( http://books.google.co.jp/books?id=1k9oAAAAIAAJ&q=%E4%BC%8A%E8%97%A4%E9%81%93%E6%96%8E&dq=%E4%BC%8A%E8%97%A4%E9%81%93%E6%96%8E&hl=ja&sa=X&ei=uQfiU4GvD87m8AX7xICoDA&ved=0CCIQ6AEwAQ  Google)
 p138、645 伊藤道斎の名あり。

『埼玉史談 13』(埼玉県郷土文化会編 国書刊行会 1973)付録「埼玉史談総合目次」を確認する。
 第6巻3号(昭和10年1月)に「道斎伊藤文仲先生の「謾聴謾録」」p194[-196]
 当該記事中に「当主は元羽生町長伊藤恒氏で、先代の厳父は(略)医師の弘道氏、其の先代所謂祖父の文仲氏も又医師であり、更にその先代の曽祖父玄碩氏も医師で歴代仁術の家柄である。(改行)文仲先生は文政九年七月二十五日玄碩先生の長男として生れ、明治三十五年十月四日、七十六歳を以って卒せられた。字を恒と称し、號を道斎といった。」とあり。
 「埼玉群馬両県奇譚」の記述はなし。
『埼玉名家著述目録』(渡辺刀水編 埼玉県立浦和図書館 1971)
 p7「伊藤道斎」の項に著作として「漫録」「隋聴漫録」(=謾聴謾録か)「亡友傳」の3著作。『埼玉群馬両県奇譚』の記述なし。

羽生市史関係を確認する。
『羽生市史 上』(羽生市史編集委員会編 羽生市 1971)
 p707「編集後記」に、「羽生地方の郷土史料といえば、(略)近くは伊藤文仲の著した「謾聴謾録」(略)」とあり。
『羽生城 上杉謙信の属城』(冨田勝治著 第一法規出版 1992)
 p132-133「埼玉群馬両県奇譚」の引用あり。
 p137に表にも書名の表記などがあるが、そこでは、書名:「埼玉群馬両県奇談と伝説」とし、「伝説」がついている。また、書の成立年代を「明治中頃1890」としている。
ウェブサイトの最終アクセス日は2014年8月6日。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
貴重書.郷土資料.その他の特別コレクション  (090 9版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
埼玉群馬両県奇譚
伊藤 道斎
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土 人物 言葉
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000187575解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
未解決
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!