このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
茨城県立図書館 (2110017)管理番号
(Control number)
茨城-2018-075
事例作成日
(Creation date)
2018/06/08登録日時
(Registration date)
2019年03月27日 00時30分更新日時
(Last update)
2019年03月27日 15時29分
質問
(Question)
小幡滑川城がどこにあったか。相賀城(館)と同じか。
回答
(Answer)
日立市滑川の小幡にあったとの記述があります((1)・(2))。
また,相賀館と小幡館は別の館のようです。((1)・(3))。

(1)『日立市史』  NDLデジタル送信対象資料
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000000991849-00
・目次の後,序章の前に「日立市全図」あり。「小幡」の記載あり。
・「第三章 室町・戦国期の日立地方 五 城主・館主の興亡」(p.175-184)
p.179-180に「相賀館」,p.180-181に「小幡館」の項あり。=別の館
p.180「小幡館」
「滑川の小幡に館のあったことが諸書に散見する。」
「新編常陸国誌には,
 村(滑川)の東方海に濱する所に館址あり、方二町(あまり)、延徳年間小野崎直通の居りし所」
p.180
「以上の記録から推察するに、小幡館にははじめ小野崎筑後守直通が居館し、直通が相賀館に移ってから、同族の小野崎左衛門が居館したものと思われる。」

(2)『地名を訪ねて 第2部』
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I062309643-00
「滑川について(2)」 p.75-79
p.77に「小幡」の解説があるが,p.78の「舘(たて)」の解説に,小幡の舘あり。
p.84に地図あり。

(3)『茨城県教育財団文化財調査報告 第92集』  埼玉県立熊谷図書館所蔵あり。
滑川浜館遺跡(なめかわはまたていせき,種別:散布地・城館跡)
p.2-9「第2節 歴史的環境」
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000002450141-00
p.5
「日立市史によると,・・・(略)・・・小野崎直通が,15世紀の末頃に居館としていた滑川館(別称-小幡館)があった。その後,直通は滑川館を出て相賀館に移っている。」との記述があるが,地図・一覧表に滑川館は落とし込まれていない。
回答プロセス
(Answering process)
(1) 城郭の郷土資料を確認
×『日本城郭大系 4』,『図説茨城の城郭 改訂版』,『続 図説茨城の城郭』

(2) いばらきデジタルまっぷを検索(検索語:滑川)→滑川浜館遺跡(遺跡ID:76)
→埋蔵文化財発掘調査報告書を確認
×『研究ノート 9号』(茨城県教育財団)

(3) 市史,地誌を確認
×『新修日立市史 上・下』
△『角川日本地名大辞典 8 茨城県』・・・日立市の小字一覧に「小幡」あり
事前調査事項
(Preliminary research)
『十王町の歴史と民俗 18』の笹岡論文の中に出てきた。
NDC
関東地方  (213 9版)
日本  (291 9版)
参考資料
(Reference materials)
日立市史日立市役所/編集常陸書房
地名を訪ねて第2部瀬谷 房之助/著筑波書林
茨城県教育財団文化財調査報告第92集茨城県教育財団
十王町の歴史と民俗18十王町史編さん調査会/編集日立市郷土博物館
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土,地名
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000253983解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!