このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼熊-2007-113
事例作成日
(Creation date)
2008/01/30登録日時
(Registration date)
2008年07月04日 02時11分更新日時
(Last update)
2008年07月23日 16時44分
質問
(Question)
昭和40年頃の資料に出てくる「米津風月堂」の読みを知りたい。みゆき通り(銀座)にあったようである。
回答
(Answer)
《東京風月堂》のWebサイトおよび下記資料より、明治5年〈米津松造〉氏が両国若松町に「米津風月堂」を開業、明治10年に銀座6丁目に分店を開設。昭和21年に米津修二氏が株式会社米津風月堂を設立。〈米津〉の読みについては「よねつ」「よねづ」と二とおりある。以下紹介する。
参考資料
①『事典近代日本の先駆者』(日外アソシエーツ)
②『図説明治人物事典 文化人・学者・実業家』(日外アソシエーツ)
上記①②には〈米津松造(よねつまつぞう)〉
③『東京風月堂社史』の文中「東京絵入新聞」明治14年12月27日の記事には〈米津松造(よねづまつざう)〉「菓子新報」明治42年1月10日の記事には〈米津風月堂(よねづふうげつだう)〉とあり。
④『日本大百科全書 5』(小学館)「菓子」の項〈米津松造(よねづ)〉
⑤『日本食文化人物事典』(筑波書房)〈米津松造(よねづまつぞう)〉
⑥『講談社日本人名大辞典』(講談社)には松造の次男〈米津恒次郎(よねづつねじろう)〉とあり。
回答プロセス
(Answering process)
《東京風月堂》のWebサイトにある米津風月堂の祖〈米津松造〉から調べる。
(www.tokyo-fugetsudo.co.jp 東京風月堂 2008/01/30最終確認)
『人物レファレンス事典 明治・大正・昭和』p2161「よねつまつぞう(1839-1908)」とあり、各種人名辞典にあたる。
その他に〈風月堂〉関係資料から「よねづ」の読みが見つかり、さらに調査を進める。
《NDL-OPAC》の著者名、《日経テレコン21》の人事検索では、風月堂の嫡男〈米津春日〉の苗字は「よねづ」とあり。
以上により、県立図書館所蔵資料を中心に2通りの読みがあることを紹介する。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
食品工業  (588 9版)
衣住食の習俗  (383 9版)
日本  (281 9版)
参考資料
(Reference materials)
『事典近代日本の先駆者』(富田仁 日外アソシエーツ 1995)
『図説明治人物事典 文化人・学者・実業家』(日外アソシエーツ)
『東京風月堂社史』(「東京風月堂社史」編纂委員会 東京風月堂 2005)
『日本大百科全書 5』(小学館)
『日本食文化人物事典』(西東秋男 筑波書房 2005)
『講談社日本人名大辞典』』(講談社)
キーワード
(Keywords)
風月堂(ふうげつどう)
パン・菓子製造業
社史
人名辞典
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
言葉
質問者区分
(Category of questioner)
その他
登録番号
(Registration number)
1000045522解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!