このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
神戸市立中央図書館 (2210004)管理番号
(Control number)
神戸図ー243
事例作成日
(Creation date)
2011年06月01日登録日時
(Registration date)
2011年06月01日 10時19分更新日時
(Last update)
2012年10月17日 16時25分
質問
(Question)
バヤリースオレンジはいつ誰が作ったか。
回答
(Answer)
アサヒビールの社史『Asahi100』(アサヒビール 1990)によると、「カリフォルニアオレンジを使った質の高い果実飲料がアメリカで大量生産されるようになったのは、1938年の瞬間殺菌法の応用に加え、45年の真空蒸発による濃縮技術の開発で、天然果汁の成分が破壊されずに濃縮可能となったから」。日本では1951年11月アサヒビールより発売。
瞬間殺菌法の技術をびん詰めオレンジジュースに初めて応用したのは、フランク・バヤリーで、彼の名が商標登録された。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
食品工業  (588 8版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
清涼飲料
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
言葉
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000087002解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!