このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000050550
提供館
(Library)
栃木県立図書館 (2110002)管理番号
(Control number)
r080
事例作成日
(Creation date)
2008/07/30登録日時
(Registration date)
2009年01月10日 02時10分更新日時
(Last update)
2009年01月10日 02時10分
質問
(Question)
「九天」の一つ「宗動天」について知りたい。
回答
(Answer)
「九天」 とは、
「くてん 仏教用語。地を中心に、その周囲を回転するという星。月天・水星天・金星天・日輪天・火星天・木星天・土星天・恒星天・宗動天。」
出典:『名数数詞辞典』(森睦彦/編 東京堂出版 1980)p357より
 
仏教関係の事典を調査しましたが、関連情報は確認できませんでした。
そこで東洋の宇宙観についての資料を調査しました。
 
・『日本人の宇宙観』(荒川紘/〔著〕 紀伊国屋書店 2001)p195に
九重天図が掲載されており、「第九 宗動 無星天」とありました。出典は「天文図解」となっていたため原典を確認。
「天文図解」は元禄元年頃に井口常範によって記された天文書です。
・『日本哲学全書 8』(三枝博音/編 第一書房 1936)に収録されており、若干の解説が付けられています。(p27)
 
また、『日本国語大辞典 第4巻』(日本国語大辞典第二版編集委員会/編 小学館国語辞典編集部/編 第2版 小学館 2001)を見ると、
「九個の天球。…(中略)…管蠡秘言(1777)『九天 九重天とも云。是日月・五星及び衆星の在る所なり』」と書かれています。(p364)
 
『管蠡秘言(かんれいひげん)』は前野良沢の著作で、
『日本思想大系 64』(岩波書店 1976)に収録されています。
宗動天については、「第九天で、天体を付着せず、その回転によって東より西への全天球の日周運動を生じさせる天球」(p159)との注釈がありました。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
天文学.宇宙科学  (440 9版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
九天
宗動天
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
言葉
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000050550解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!