このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
大阪府立大学学術情報センター (3210008)管理番号
(Control number)
阪府大-学情-H20-02
事例作成日
(Creation date)
平成20年3月28日登録日時
(Registration date)
2008年05月28日 18時19分更新日時
(Last update)
2008年09月18日 11時25分
質問
(Question)
干支は、いつから使われるようになったのか。
回答
(Answer)
商用データベースJapanKnowledgeを検索。『日本大百科全書』の「十干十二支」の項目に以下の記載があった。
「・・・中国では干支の知識は古代からあったが、それを年暦に用いたのはずっと遅く、前漢時代(前202~後8)といわれている。日本に大陸より暦法が伝えられたのは、『日本書記』によれば、553年(欽明天皇14)に内臣(うちつおみ)を百済に遣わして暦書を求めしめたのが最初という。しかし実際に暦法が政治のうえに採用されたのは推古(すいこ)朝になってからである。 602年に百済(くだら)の僧観勒(かんろく)が来朝して暦本を伝え、それによって書生が暦法を学んだのである。・・・」

  
回答プロセス
(Answering process)
JapanKnowledge のOneLook検索でキーワード「えと」で辞事典の検索をした。『日本大百科全書』で「十干十二支」
の項目にリンクした。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
相法.易占  (148 8版)
参考資料
(Reference materials)
JapanKnowledge を検索。
http://www.japanknowledge.com/index.html
日本大百科全書
キーワード
(Keywords)
干支
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
言葉
質問者区分
(Category of questioner)
学外(府民)
登録番号
(Registration number)
1000044428解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!