このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000259863
提供館
(Library)
大阪府立中央図書館 (2120005)管理番号
(Control number)
6001038733
事例作成日
(Creation date)
2019/05/24登録日時
(Registration date)
2019年08月07日 00時30分更新日時
(Last update)
2019年08月09日 00時30分
質問
(Question)
通信機器類の輸出額、輸入額の多い国と、各該当国の金額を知りたい。
回答
(Answer)
『国際連合貿易統計年鑑 2016年 2016(Vol.65)-2 商品別表』(国際連合経済社会局/原著編集 2018.3巻末分類表p.420に、「第76類-764:通信機器およびその部分品」等があり、

項目764(p.353)に上位15位までの国。地域の価格が記載されています。
・表2:輸出の上位相手国・地域(2016年)
国・地域       価格(百万米ドル)
CHINA            232363.5
CHINA,HONG KONG SAR   91406.0
USA             43631.1
(以下略)

・表3:輸入の上位相手国・地域(2016年)
国・地域 価格(百万米ドル)
USA           123520.5
CHINA,HONG KONG SAR   89017.7
CHINA       60622.5
(以下略)

冒頭の解説によれば「上位15の国・地域で、世界の総輸出入のそれぞれ89.8%、73.4%を占めた(表2・3参照)。2016年の準輸出額は中国が最も大きく(+1,717億US$)、ベトナム(+208億US$)がそれに続いた。」とあります。

[事例作成日:2019年5月24日]
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
貿易  (678 10版)
参考資料
(Reference materials)
国際連合貿易統計年鑑 2016(Vol.65)-2 国際連合経済社会局‖原著編集 原書房 2018.3 (353)
キーワード
(Keywords)
通信機器の輸出額(ツウシンキキノユシュガク)
通信機器の輸入額(ツウシンキキノユニュウガク)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
書誌事項調査
内容種別
(Type of subject)
統計データ
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000259863解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!