このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
山梨県立図書館 (2110005)管理番号
(Control number)
9000009373
事例作成日
(Creation date)
2013年07月09日登録日時
(Registration date)
2013年11月26日 11時24分更新日時
(Last update)
2013年11月26日 11時24分
質問
(Question)
「六・一五事件」の裁判記録が見たい。
回答
(Answer)
この事件に関する裁判は次のとおり。
・昭和40年8月9日東京地裁刑事五部(山田鷹之助裁判長)が、全員有罪・執行猶予付きの判決を下した。
・1審判決に対し、4人が控訴したが、昭和42年6月20日東京高裁(河本文雄裁判長)は1審同様の執行猶予判決とした。
・2人は最高裁まで上告したが、昭和44年12月9日最高裁第三小法廷(松本政雄裁判長)は上告棄却の判決をし、有罪が確定した。
裁判の概要については『戦後政治裁判史録』第3巻(田中二郎ほか編集 第一法規 1980年)を、判例については、「判例時報」(判例時報社)435号のほか、有料データベースD1-Law.comをご確認ください。
回答プロセス
(Answering process)
1.自館システムで「安保」×「裁判」を検索。裁判記録として、次のものを確認。
・『戦後政治裁判史録』第3巻(田中二郎/ほか編集 第一法規 1980年)→p235-256に「安保騒動-空前の国会デモ-」あり。
・「六・一五事件」の裁判の経緯はp254-256に記載あり。昭和40年8月9日東京地裁刑事五部(山田鷹之助裁判長)が、全員有罪・執行猶予付きの判決を下した。この1審判決に対し、4人が控訴したが、昭和42年6月20日東京高裁(河本文雄裁判長)は1審同様の執行猶予判決とした。2人は最高裁まで上告したが、昭和44年12月9日最高裁第三小法廷(松本政雄裁判長)は上告棄却の判決をし、有罪が確定した。

2.それぞれの裁判について、判例をD1-Law.comで検索。
・昭和40年8月9日東京地裁刑事五部(山田鷹之助裁判長)[昭和35年(刑わ)第4091号等)、事件名「暴力行為等処罰ニ関スル法律違反等事件」(全学連六・一五国会侵入事件第一審判決) ※「判例時報」435号掲載あり。
・昭和42年6月20日東京高裁(河本文雄裁判長)[昭和40年(う)第2610号)、事件名「公務執行妨害等被告事件」※「判例タイムズ」214号掲載あり(当館未所蔵)
・昭和44年12月9日最高裁第三小法廷(松本政雄裁判長)[昭和42年(あ)第2091号]、事件名「暴力行為等処罰に関する法律違反、公務執行妨害、障害、住居侵入」 ※裁判所webサイト掲載判例( http://www.courts.go.jp/search/jhsp0030?hanreiid=59119&hanreiKbn=02 ※2013.7.9確認)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本史  (210 9版)
法律  (320 9版)
参考資料
(Reference materials)
『戦後政治裁判史録』第3巻(田中二郎/ほか編集 第一法規 1980年) (p235-256)
「判例時報」435号(判例時報社) (p7-29)
裁判所webサイト「裁判例情報」 ( http://www.courts.go.jp/search/jhsp0030?hanreiid=59119&hanreiKbn=02 )
キーワード
(Keywords)
六・一五事件
全学連六・一五国会侵入事件
安保闘争
判例
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
法律・裁判
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000141206解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!