このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000001138
提供館
(Library)
山梨県立図書館 (2110005)管理番号
(Control number)
9000003557
事例作成日
(Creation date)
2003/05/23登録日時
(Registration date)
2004年03月06日 19時46分更新日時
(Last update)
2007年11月13日 17時08分
質問
(Question)
蜂の子を食べる風習について知りたい
回答
(Answer)
山梨県北部から長野・岐阜にかけては地蜂の巣が多く、夏から秋にかけて巣を取り、幼虫を食用とする。地蜂は山梨では「へぼ」と呼ばれ、他の地域では「スガレ」「スガリ」「ヘエゴ」などとも呼ばれるが、クロスズメバチのことである。巣をみつけ、取ることを「へぼ追い」と言う。真綿をつけた餌を蜂に持って行かせ、そのあとを追って巣をみつける。煙でいぶして蜂を弱らせておいて巣を取る。巣からつまみ出した蜂の子をつくだ煮、蜂めしなどにして食べる。栄養があって美味。またこれを特産品として町おこしをしている地域もある。詳細については照会資料をご覧ください。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC 
参考資料
(Reference materials)
甲斐路ふるさとの味、114、K38/ヤマ、0101934461
甲州方言、411、K88/フカ、0101992949
虫を食べる文化誌、104~108、486.0/ウメ、0104974977
ミツバチ、166~167、6/ツノ、0103305447
奇食珍食、12~14、5/コイ、0101076099
長野県百科事典、241、215.2/ナガ、0102044294
アジアの昆虫資源、149、647/アジ、0103705067
スズメバチを食べる、1冊、383.8/マツ、0105226534
キーワード
(Keywords)
ハチノコ
蜂の子
ヘボ
ヘボ
キョウドリョウリ
郷土料理
チバチ
地蜂
クロスズメバチ
クロスズメバチ
スズメバチ
スズメバチ
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
民俗・伝説
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000001138解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!