このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼熊-2018-082
事例作成日
(Creation date)
2017年05月05日登録日時
(Registration date)
2019年02月08日 18時58分更新日時
(Last update)
2019年05月23日 14時18分
質問
(Question)
元禄時代前後「徳川綱吉」の時代に幕府から発令された御触、徳川禁令考や検地などの法令は、何を参考に作成したのか。手引書のようなものがあったのかどうか知りたい。
回答
(Answer)
法令作成の手引書の存在は確認できなかった。
回答プロセス
(Answering process)
1 参考図書を〈御触〉で検索する。
『徳川幕府辞典』(東京堂出版 2003)
 p309-334「第六章 江戸の文書行政」
 p328「触(御触)」の伝達方法について記述あり。

2 自館目録を〈文書〉で検索する。
『近世武家文書の研究』(笠谷和比古著 法政大学出版局 1998)
 p40-145「幕藩関係文書の諸類型」
 p90-102「触書の形成」に御触書の様式変化や伝達方法の解説あり。
『日本古文書学講座 6 近世編』(赤松俊秀〔ほか〕編集 雄山閣出版 1979)
 p77-160「江戸幕府文書」
 p93-106が「法令・布達」の解説があり。
『岩波講座日本歴史 第12巻(近世 3)』(大津透編 岩波書店 2014)
『江戸時代への接近』(大石学編 東京堂出版 2000)
『江戸幕府法の研究』(茎田佳寿子著 巌南堂書店 1980)
 いずれも文書作成や管理の役職について記述はあるが、手引書には該当せず。

3 自館目録を〈徳川綱吉〉で検索する。
『綱吉と吉宗 日本近世の歴史 3』(深井雅海著 吉川弘文館 2012)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本史  (210 9版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
御触
徳川 綱吉(トクガワ ツナヨシ)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
歴史
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000251539解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
未解決
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!