このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000092179
提供館
(Library)
石川県立図書館 (2110016)管理番号
(Control number)
20110828/733
事例作成日
(Creation date)
2011年08月30日登録日時
(Registration date)
2011年10月12日 10時00分更新日時
(Last update)
2011年10月21日 19時53分
質問
(Question)
鏡はイタリアで製造が始まり、その技術は外に漏れないよう厳格に守られていたにも関わらず、後にフランスに伝わったという。
このことについて書かれている本はないか。
回答
(Answer)
ガラス鏡の製造技術はヴェネツィアで完成された。1291年、市当局はガラス製造用の窯を近くのムラノ島に強制的に移させたが、これには火災発生時に延焼を防ぐ目的のほか、職人をスパイから守り、彼らが逃げ出せないようにする目的もあり、逃亡者は死刑と決まっていた。
17世紀に入り、フランスがイタリアの鏡職人をフランスに誘致しようと試み、1665年6月に3人、同じ年の秋に20人の職人がムラノ島から逃亡してきた。
ヴェネツィア政府は厳しく取り締まろうとしたが、フランス側の対抗策などにより取締りを徹底することはできず、フランスにおける鏡産業が発達していった。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
衣住食の習俗  (383 9版)
参考資料
(Reference materials)
『鏡の歴史』マーク・ペンダーグラスト著 河出書房新社 2007.1 P11、P182~183、P226~231 (383.9/10038)
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
歴史
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000092179解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!