このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼久-2020-022
事例作成日
(Creation date)
2019年04月21日登録日時
(Registration date)
2020年04月21日 14時56分更新日時
(Last update)
2021年01月29日 15時01分
質問
(Question)
ひょうたんの原産国と日本への伝来について知りたい。
回答
(Answer)
下記の資料を紹介した。

『海のシルクロード ヒョウタンが語る古代の謎』(戸川安雄著 徳間書店 1980)
 p16「ヒョウタンの原産地は、野生種のヒョウタンが多く発見される、西アフリカのニジェール川流域とする説が最も有力である。ヒョウタンはここで、野生種から栽培種となり世界中に拡散していったのであろう。」とあり。
 p17 伝来を表す世界地図「ヒョウタンの道」あり。
 p24「ニジェール川流域が起源であるという説も、決して専門家の意見の一致をみてはいない。インド説(デカン半島の西海岸のマラバル地方)や中米説などがある。」とあり。
『世界大百科事典 2005年改訂版 24』(平凡社 2005)
 p136-137「瓢箪」に原産地について記述あり。
『日本大百科全書 19』(小学館 1988)
 p771「瓢箪‐文化史」に原産地について記述あり。
『有用植物』(菅洋著 法政大学出版局 2004)
 p202-203原産地と伝来について記述あり。
『海をわたった華花 ヒョウタンからアサガオまで』(人間文化研究機構国立歴史民俗博物館編 国立歴史民俗博物館 2004)
 p5「福井県鳥浜貝塚から出土したココヤシやヒョウタンの果実は、暖流に乗ってたどり着いたものに違いない。」とあり。
回答プロセス
(Answering process)
1 参考図書を調査する。

2 NDC分類〈47〉の棚を確認する。

3 自館目録を〈ひょうたん〉で検索する。

4 《国立国会図書館レファレンス協同データベース》( http://crd.ndl.go.jp/reference/  国立国会図書館)を〈ひょうたん〉で検索する。

ウェブサイト・データベースの最終アクセス日は2019年4月21日。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
植物学  (470 9版)
植物地理.植物誌  (472 9版)
蔬菜園芸  (626 9版)
参考資料
(Reference materials)
『世界大百科事典 2005年改訂版 24』(平凡社 2005)
『日本大百科全書 19』(小学館 1988), ISBN 4-09-526019-X
『海のシルクロード ヒョウタンが語る古代の謎』(戸川安雄著 徳間書店 1980), ISBN 4-19-552093-2
『有用植物』(菅洋著 法政大学出版局 2004), ISBN 4588211919
『海をわたった華花 ヒョウタンからアサガオまで』(人間文化研究機構国立歴史民俗博物館編 国立歴史民俗博物館 2004)
キーワード
(Keywords)
ヒョウタン
ウリ科
果菜類
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
植物
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000280839解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!