このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
山梨県立図書館 (2110005)管理番号
(Control number)
9000007348
事例作成日
(Creation date)
2011年05月19日登録日時
(Registration date)
2011年07月19日 11時28分更新日時
(Last update)
2011年07月19日 11時28分
質問
(Question)
中林梧竹が臨書した「楚公鐘」の銘文を見たい。
回答
(Answer)
中林梧竹の書』(日野俊顕著 天来書院 2007年)に作品の掲載がある。また、銘文の拓本については同書の他、『〓齋集古録』第2冊(呉清卿纂輯 商務印書館 1918年)等に掲載がある。(※〓は「客」の下に「心」。)
回答プロセス
(Answering process)
1.書道関係の時点を調査。
・『中国書道辞典 第2版』(中西慶爾編 木耳社 2005年)→p625に「楚公鐘」の項あり。
※次のものには「楚公鐘」の掲載は見あたらなかった。
・『中国書道文化辞典』(西林昭一著 柳原出版 2009年)
・『書の総合事典』(井垣清明編著 柏書房 2010年)
・『書道辞典』(飯島春敬編 東京堂出版 1995年)

2.自館システムで著者名「中林梧竹」を検索し、作品を調査。
・『中林梧竹の書』(日野俊顕著 天来書院 2007年)→p22に「周楚公鐘銘の臨書」(「楚公蒙みずから宝大鎛鐘を作る。孫子其れ(永く)宝とせよ。」のカラー写真あり。p86の解説によると、鐘は古代の楽器。「阮元『積古斎鐘鼎彝款識』」とあり、銘文(拓本)の写真、鐘のイラストあり。

3.書道関係で鐘の銘文が掲載されている資料を探す。
・『積古斎鐘鼎彝款識』は未所蔵。
・『〓齋集古録』第2冊(呉清卿纂輯 商務印書館 1918年)→1丁~4丁に「楚公鐘」3種類の掲載があり、『中林梧竹の書』p87の銘文の写真と比べると、1丁裏が当該のものである(銘文拓本と楷書)。
・『書跡名品叢刊』第123巻 金文集(神田喜一郎監修 二玄社 1982年)→p49に銘文部分(拓本)と鐘の写真、p96に「楚公蒙鐘」として、解説あり。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
書.書道  (728 9版)
参考資料
(Reference materials)
『中林梧竹の書』(日野俊顕著 天来書院 2007年) (p22,p86-87)
『〓齋集古録』第2冊(呉清卿纂輯 商務印書館 1918年)(※〓は「客」の下に「心」。) (1丁裏)
『書跡名品叢刊』第123巻 金文集(神田喜一郎監修 二玄社 1982年) (p49)
キーワード
(Keywords)
楚公鐘
楚公蒙鐘
書道
銘文
拓本
中林梧竹
中国
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
『中国書道辞典 第2版』(中西慶爾編 木耳社 2005年)によると、「楚公鐘」は中国の春秋時代の銅器。形は春秋期の一般の鐘よりも古い形式を存し、銘文は殷期にみられる豪放なもの。楚の銅器は多くないので珍重される。
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
書道
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000088676解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!