このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000254008
提供館
(Library)
大阪府立中之島図書館 (2120002)管理番号
(Control number)
6001037467
事例作成日
(Creation date)
2019/03/01登録日時
(Registration date)
2019年03月27日 00時30分更新日時
(Last update)
2019年03月27日 00時30分
質問
(Question)
大阪・新世界の「ルナパーク」にあったロープウェイの規格が分かる資料はあるか。
回答
(Answer)
次の資料に記載がありました。

『日本近代の架空索道』(斎藤達男/著 コロナ社 1985)
p.12に「表1・1 旅客索道一覧表」があり、その中に新世界ルナパークの記載があります。
記載事項は「索道の方式」「搬器の定員」「製造」の3点で、それぞれ「複線交走式」「2×4人」「セレッティ・タンハニー社」となっています。

また、以下の記述もありました。
「塔基部の建物屋上から中庭を超え,高さ45mの白塔(娯楽館で白塗りのためこう呼んだ)の通天閣側とほぼ同高に設けられた乗降場と結んで架設されたのが新世界ルナパークのロープウェイで,娯楽設備として運転されたおよそ100mの複線交走式索道である」(p.18)
「ミラノ博のほうは,2人座席4か所8人乗りであるが,ルナパークは中央が出入り口の4人乗りである」(p.19)

〔事例作成日:2019年3月1日〕
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
鉄道運輸  (686 10版)
参考資料
(Reference materials)
日本近代の架空索道 斎藤達男著 コロナ社 1985.8
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
大阪
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000254008解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!