このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000111783
提供館
(Library)
大阪府立中之島図書館 (2120002)管理番号
(Control number)
OSPR11010003
事例作成日
(Creation date)
2011/01/06登録日時
(Registration date)
2012年09月26日 02時00分更新日時
(Last update)
2013年01月26日 14時52分
質問
(Question)
与謝蕪村の俳句で「狐火やいづこ河内の麦畠」(安永5年)の解釈・意味を探している。
この句は「蕪村句集 巻之上 夏之部」にあり、『蕪村俳句集』(岩波文庫 1989)p66に載っているが解説はない。
他に次の資料を調査したが解説はない。
「俳句辞典 鑑賞」「俳句鑑賞辞典」「俳句大観」「近代俳句大観」「日本古典文学全集 近世俳句俳文集」「日本古典文学大系 蕪村集 一茶集」
「古典日本文学全集 与謝蕪村集」「日本古典文学鑑賞33」

回答
(Answer)
『蕪村事典』の「発句評釈一覧」を参照して解釈・意味が載っている資料を探したところ下記1-5が該当した。
また、『蕪村事典』刊行後に出版された資料からは6を見つけることができた。

 1.『蕪村句集講義 夏の部』 p121-122(『蕪村研究資料集成 作品研究6』所収)
    鳴雪 碧梧桐 虚子それぞれの解釈が載っている。
 2.『蕪村夢物語 夏の部』木村架空著 p132-134(『蕪村研究資料集成 作品研究6』所収)
    鳴雪 碧梧桐 虚子の解釈を批判しながら著者の解釈を展開している。
 3.『標註蕪村俳句全集』岩本梓石編著 p107
    (いづこ河内)山崎街道などの光景ならん
 4.『蕪村集』(日本古典文学大系 58) p109
   質問の句の頭注は以下の通り。
      ○狐火―闇夜山野に見える燐火。鬼火とも。はるかに狐火を見て、たしかあの辺りは
       河内の麦畠のはずだと推す体。河内という地名を蕪村は度々よんでいる。
 5.『与謝蕪村集』(新潮日本古典集成) p92
   頭注欄に発句の現代語訳と鑑賞注が載っている。
   現代語訳:河内平野には黄熟した麦の香が立ちこめ、彼方の山麓に青い狐火がちらつく。あれはどこだろうか。
 6.『蕪村全集 第1巻』 p313
   頭注欄に季語、語釈、句意、参考事項が載っている。
   句意:河内平野を埋めた一面の麦畑。黄熟した穂波は夜の闇を透かして狐の群舞を思わせる。河内には信田の狐の元へ通った塚本の狐もいたと
いう が、さて狐火はどこに燃えているかしら。

回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
詩歌  (911 8版)
参考資料
(Reference materials)
蕪村研究資料集成 作品研究6(ページ:121-122)
蕪村研究資料集成 作品研究10(ページ:132-134)
標註蕪村俳句全集(ページ:107)
蕪村集(日本古典文学大系 58)(ページ:109)
与謝蕪村集(新潮日本古典集成)(ページ:92)
蕪村全集 第1巻(ページ:313)
蕪村事典(ページ:178)
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
大阪
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000111783解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!