このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
大阪府立中之島図書館 (2120002)管理番号
(Control number)
6001037152
事例作成日
(Creation date)
2019/02/28登録日時
(Registration date)
2019年03月07日 00時30分更新日時
(Last update)
2019年04月06日 00時30分
質問
(Question)
大阪に、民謡や三味線の歌があったかどうか知りたい。
回答
(Answer)
大阪における「民謡や三味線の歌」について調べましたところ、以下の資料が見つかりました。

・『大阪の民謡』(右田伊佐雄/著 柳原書店 1978.10)
冒頭に「大阪に民謡あるのかいな」という文章があり(p.13-15)、その中に次の記述があります。
「大阪に有名な民謡がないという世評に、私は逆らわない。だが大阪にも、量的に決して他県に負けないだけの民謡が、昭和初期まで実在した。」(p.14)
そのあと、40の民謡について、歌詞、楽譜、解説を記述しています。そのうち「大阪市内」のものとされているのは、次のとおりです。
「住吉踊り(大阪市住吉区)」(p.16-19)
「牡丹に唐獅子(旧大阪市内)」(p.39-42)
「おんごく(旧大阪市内)」(p.43-49)
「道頓堀の寝させ歌(大阪市南区)」(p.82-84)
「おいどまくり・なには難波の(大阪市)」(p.96-98)
「源九郎はん(大阪市内ほか)」(p.129-132)
「遊ばせ歌(大阪市内各地)」(p.149-152)
「鶴見の菜種もみ歌(大阪市鶴見区)」(p.156-158)
「鶴見の守り子歌(大阪市鶴見区)」(p.162-164)
「西三国の守り子歌(大阪市淀川区)」(p.165-168)
そのほか、「天満の市」ほか、「府内各地」とされているものも6曲あります。

・『大阪府の民謡 民謡緊急調査報告書』(大阪府教育委員会事務局文化財保護課/編集 大阪府教育委員会 1989.3)
「労作歌」「祭り歌・祝い歌」「踊り歌」等、民謡の曲種別に大阪府内の民謡449曲の歌詞が収録されています。巻末の「調査曲一覧」を見ると大阪市内の曲も含まれていることが分かります。

・『上方 [復刻版] 1(下)』(新和出版 1969)
昭和6年刊の雑誌『上方』の復刻です。
第12号には、後藤捷一編「大阪俚謡集」(p.41-49)が収録されており、大阪市内の歌も含まれています。

・『大阪春秋 38』(大阪春秋社 1983)
右田伊佐雄「摂河泉の民謡」(p.44-53)という記事が収録されており、大阪府内の民謡が概観されています。大阪市内の歌に関する記述もあります。

・『おおさかののろけ』(三田純市/著 駸々堂出版 1987.2)
大阪(市内)について綴ったエッセイですが、その中に「大阪には民謡があらへん」という文章が収められています(p.97-113)。
「堀江盆踊唄」や「おんごく」」を紹介しつつ、民謡の主体は農村や漁村での労働の唄であるため「商業の町、あるいは消費の町に民謡は生れなかったということになる」との記述がありますが、「民謡はないけれど、流行唄(はやりうた)というのは、さすが都会だけに古くからたくさんあった」(p.107)として、地唄、小唄、端唄等の流行唄を紹介しています。
最後の部分には、「大阪には民謡がない。そのかわり、全国各地の民謡をどんどん取入れ、そのすべてを大阪風にアレンジして、大阪の街の流行唄にしてしまった。そしてその一方で、地元の唄である地唄を忘れてしまった」(p.112)との記述もありました。

・『難波大阪 美術と芸能』(望月信成/編 講談社 1975)
平野健次「大阪の地歌と筝曲」の章があり(p.269-286)、「地歌」と呼ばれる大阪の三味線歌曲とこれと関係の深い筝(こと)の歌曲について、江戸以降の歴史について述べられています。

・『上方 [復刻版] 4』(新和出版 1970)
昭和9年刊の雑誌『上方』の復刻です。
第37号に、藤田斗南「地唄の話」(p.64-67)があり、地歌の種類ごとに解説されています。

その他、民謡事典等にも大阪市内の民謡の掲載がありましたので、お知らせします。
・『日本民謡大全集 下巻 平成版』(千藤幸蔵/編 ドレミ楽譜出版社 1990.6)
都道府県別に、民謡の歌詞と短い解説が収録されています。
「大阪府」の項(p.302-325)には18曲が掲載されていますが、解説において「大阪市内」に伝わる歌であることが分かるのは、次のとおりです(その他は、河内地方等、大阪市内以外の大阪府域です)。
「おんごく」(p.302-303)
「天満の子守唄」(p.314)
「堀江盆踊唄」(p.318-319)
「淀川三十石船舟唄」(p.322-323)※淀川を往来した三十石船で歌われたものですが、終着が大阪市内のため、参考までにお知らせします。

・『日本民謡辞典』(仲井幸二郎/[ほか]編 東京堂出版 1972.9)
府県別の索引で大阪の民謡として挙げられているもののうち、大阪市内のものとしては以下が掲載されています。
「おんごく」(p.97)
「浪花小唄」(p.253)
「堀江盆踊唄」(p.300-301)

・『日本民謡大事典』(浅野建二/編 雄山閣 1983.6)
冒頭の「府県別曲目一覧」の「大阪」の部分には19の項目が挙げられており、そのうち大阪市内のものは以下のとおりです。。
「おんごく」(p.121)
「女工唄」(p.269)
「住吉踊」(p.287)
「住吉大社御田植祭」(p.288)
「だいがく囃子」(p.306)
「堀江盆踊唄」(p.458)

・『日本民謡大観 近畿篇』(日本放送協会/編 日本放送出版協会 1966)
目次より、大阪市内のものは以下の曲が掲載されています。
子守唄「ねんねころいち」(p.213-214)
大阪盆踊唄「堀江盆踊唄」(p.234,239)
住吉大社神事歌(p.240-245)
住吉踊(p.246)

〔事例作成日:2019年2月28日〕
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
伝説.民話[昔話]  (388 10版)
邦楽  (768 10版)
参考資料
(Reference materials)
大阪の民謡 右田/伊佐雄∥著 柳原書店 1978.10
大阪府の民謡 大阪府教育委員会事務局文化財保護課∥編集 大阪府教育委員会 1989.3
上方 [復刻版] 復刻版 上方郷土研究會 新和出版  1(下)
大阪春秋 新風書房 新風書房  11(1-4)<35-38>
おおさかののろけ 三田/純市∥著 駸々堂出版 1987.2
難波大阪 美術と芸能 望月/信成∥編 講談社 1975
上方 [復刻版] 復刻版 上方郷土研究會 新和出版  4
日本民謡大全集 下巻 千藤/幸蔵∥編 ドレミ楽譜出版社 1990.6
日本民謡辞典 仲井/幸二郎∥[ほか]編 東京堂出版 1972.9
日本民謡大事典 浅野/建二∥編 雄山閣 1983.6
日本民謡大観 近畿篇 日本放送協会∥編 日本放送出版協会 1966
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
大阪
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000252692解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!