このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
大阪府立中之島図書館 (2120002)管理番号
(Control number)
6001043238
事例作成日
(Creation date)
2020/03/04登録日時
(Registration date)
2020年03月28日 00時31分更新日時
(Last update)
2020年03月28日 00時31分
質問
(Question)
織田信長が天正4(1576)年に本願寺と天王寺の辺りで戦った際、織田信長が足に鉄砲傷を受けたそうだが、そのことが記述された資料はあるか。
回答
(Answer)
以下の資料に織田信長が足に鉄砲傷を受けたとの記述があります。
・『大阪府史 第4巻 中世編』(大阪府史編集専門委員会/編集 大阪府 1981)
p.466-470「木津川口の戦い」の項に記載がありました。
p.468「五月七日、信長は若江を進発して天王寺砦の援護に向かった。(中略)先鋒は佐久間盛政・松永久秀・細川藤孝の三名であった。(『信長公記』)。天王寺の戦いは信長自身、足に鉄砲玉を受け、負傷するほどの激戦であったが、ようやく籠城の明智勢と一手になることに成功し、奮迅に駆けめぐってついに石山勢を追い崩し、さらに一揆を追って大坂石山城の木戸口まで迫った。」

・『新修大阪市史 第2巻』(新修大阪市史編纂委員会/編集 大阪市 1988.3)
p.661-662「籠城戦の開始」の項に記載がありました。
p.662「苦戦の情報を聞いた信長は、五日に京都をたって若江に入り、七日には天王寺で激戦を展開し、足に銃創を受けながら本願寺軍を撃破し、本願寺膝下に迫った。(中略)本願寺が孤立したのを見定めた信長は、六月六日京都に帰着した(『言継卿記』『多聞院日記』)。」

・『戦国合戦大事典 4』(戦国合戦史研究会/編 新人物往来社 1989.4)
p.21「『信長公記』によると、わずか百騎ばかりの伴衆を従えて若江に入城したという。翌日、戦況の報告を受け、作戦を練ると、七日には召集した将兵三千余で天王寺に出撃した。(中略)信長自身は先手の足軽にまじって陣頭指揮をとり、駆け回りながら八方に下知をとばしたのだったが、薄手を負い、足には鉄砲疵をこうむったという。(後略)」

・『織田信長石山本願寺合戦全史』(武田鏡村/著 ベストセラーズ 2003.1)
p.143-144「大坂における敗戦を京都で知った信長は、すぐさま三千の兵を率いて大坂に向かい、七日には住吉口から天王寺に迫った。(中略)七日夜半の行動を起こした信長軍は、本願寺勢の二千挺の鉄砲の間隙をぬって天王寺に迫った。このとき信長は、足に鉄砲の玉をうけて軽傷を負ったが、そのまま前進して、天王寺から打って出た明智勢らと挟み撃ちにして、本願寺勢を潰走させた。信長勢は、逃げる門徒衆を追って、「大坂城戸口」まで攻め立てて、二千七百人を討ち取ったという(『信長公記』巻九)。」


〔事例作成日:2020年3月4日〕
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本史  (210 10版)
参考資料
(Reference materials)
大阪府史 第4巻 大阪府史編集専門委員会∥編集 大阪府 1981
新修大阪市史 第2巻 新修大阪市史編纂委員会∥編集 大阪市 1988.3
戦国合戦大事典 4 戦国合戦史研究会∥編 新人物往来社 1989.4
織田信長石山本願寺合戦全史 武田/鏡村∥著 ベストセラーズ 2003.1
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
大阪
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000279679解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!