このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000158961
提供館
(Library)
大阪府立中央図書館 (2120005)管理番号
(Control number)
6001003682
事例作成日
(Creation date)
2014/05/22登録日時
(Registration date)
2014年08月28日 00時30分更新日時
(Last update)
2014年08月28日 00時30分
質問
(Question)
ユズの古くからの産地として「埼玉県毛呂山町」「京都市嵯峨水尾」「箕面市止々呂美」があげられている次のウェブサイトがあるのですが、その根拠となる資料をさがしています。

埼玉県毛呂山町「ゆずの歴史と桂木ゆず」(2014/7/1現在)
http://www.town.moroyama.saitama.jp/www/contents/1285041220389/index.html

箕面市の資料等には「古くからの特産物」程度の記述しかありません。

『果樹全書 特産果樹』(農山漁村文化協会 1985年)のユズのページに、「村上節太郎によると」という前置きがあり、このサイトと同様の記述があるのを確認しました。

元愛媛大学教授・故村上節太郎博士の文献を探したところ、『現代地理講座 第7巻』に記述はなく、『柑橘栽培地域の研究」(村上節太郎著 愛媛出版協会 1967 JP番号68001889)がありました。当館では閲覧できませんので、内容をご確認いただけないでしょうか。

こちらに記述がなければ、愛媛大学紀要に掲載の論文「日本の柑橘栽培地域の地理学的研究1 分布限界と栽培先進地」を確認してみようと考えています。もちろん他の資料で解決できれば上記のものでなくて結構です。
回答
(Answer)
国会図書館デジタルコレクション『柑橘栽培地域の研究』(国立国会図書館/図書館送信参加館内公開)を確認したところ、柚子の栽培の年代に関する記述として、次のようなものがありました。(2014/7/8現在)
http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2515999

「埼玉県毛呂山町」について
p.170(コマ番号111)に「戦前は枇杷・桃・柑子が多かったが、最近は柚子が60%・柑子30%で・温州蜜柑は10%である。桂木の柚子の販路は東京で、1945年よりトラックで出している。昔は俵や籠の22.5kg入の容器が、昭和初から石油箱に、戦後には半石箱に変ったが、1951年より7.5kg入りの木箱に改良された。」とあります。また、p.652(コマ番号352)に「桂木柚子のレッテルで規格の2貫箱に入れ、トラックや三輪車で1953年当時は神田市場に出していた。」とあります。

「京都市嵯峨水尾」について
p.261(コマ番号156)に「雍州府誌(1684年出版)に次の如く出ていて、昔からの柚子の名産地である。「柚=所々出嵯峨並水尾所有其形大而味亦佳」とある。1908年の京都府園芸要鑑によれば、当時嵯峨村に4ha栽培されている。」とあります。また、p.657(コマ番号354)に「藩政時代に京都の街に柚餅子を馬の背で運んだその箱(写真305)が残っている。」との記述があります。なお、写真305はp.811(コマ番号431)になります。

「箕面市止々呂美」について
p.658(コマ番号355)に「止々呂美柚子は1960年までは生田伊太郎(1910~)が纒めていたが、最近は農協が生産の半分を扱い、半分は池田市尊鉢町の藤井商店など業者が立木買いしている。」とあります。

その他の資料については次のものが確認できました。

「埼玉県毛呂山町」について
毛呂山町ホームページ「ゆずの歴史と桂木ゆず」に『新編武蔵風土記』の記載がありましたので、中央図書館所蔵の『新編武蔵風土記稿 57 入間郡』(内務省地理局 1884)【当館請求記号:291/S13/1 個人貸出不可】を確認したところ、瀧野入村の項目に「土産(中略)柚實是モ數十駄ヲ出ス」との記述がありました。
『新編武蔵風土記稿』は国会図書館デジタルコレクションでもインターネット公開されています。(2014/7/8現在)(コマ番号54)
http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/764003  

「京都市嵯峨水尾」について
『柑橘栽培地域の研究』で紹介されていた『雍州府誌』ですが、中央図書館所蔵の『江戸後期諸国産物帳集成 第8巻 諸国産物帳集成 飛驒・山城・紀伊』(科学書院 2005)【602.1/124N/8 】に『雍州府志(巻六・土産)』が収められており、p.175にその記述がありました。

「箕面市止々呂美」について 
既に調査された資料があるかもしれませんがお知らせします。(※は箕面市立図書館でも所蔵されています)

・『止々呂美村誌』(止々呂美村役場 1931)【378/103/#】※ 中之島所蔵
園芸農産物の項に「柚は古い特産物の一つである」(p177)。同頁の収穫年度表で、柿と梅と柚が表されています(単位は円)。年度は、明治38年度、42年度、45年度、大正5年度、10年度、13年度、昭和2年度、昭和3年度。(参考:明治38年度は9円、昭和3年度は1583円)
・『大阪の果樹農業 昭和51年果樹基本統計調査結果報告書』大阪府企画部統計課1977年【812/2813/#】 中央・中之島所蔵
昭和51年7月1日現在で実施した調査結果のうち、大阪府の概要を収録したもの。
付表7「果樹種類別栽培状況」(p5)のなかで、ゆずは34戸(大阪府内の構成比0.4%)、栽培面積236アール(府内の構成比0.1%)。
果樹種類別の「ゆず」(p79)には栽培市町村名があり、箕面市が栽培農家数は32戸(10アール以上が1戸)、栽培面積210アール(うち結果樹面積196アール)、他は岸和田市と和泉市が各1戸ずつでした。

次の資料には、お調べの内容は見当たりませんでした。
・『明治中期産業運動資料』第8巻 1・2 農事調査 【802/573/#】中央・中之島所蔵
明治23年調査。
第8巻2に、豊島郡の記述あり(p78オモテ~p89ウラ)。農産種目に蜜柑はあるが、柚子はありません。付図「攝津國豊島郡農産地圖」(p80とp81の間)には、地図中の村名のそばに、村の農産物名が書かれており、「止々呂美村」には米、稞麥(ハダカムギと思われる)、菜種、柿、栗、枇杷の6種が書かれています。
・『箕面市行政史料集 2 止々呂美村事務報告書』【318.2/273N/2】※
「大正十四年度豊能郡止々止(ママ)美村事務報告」に挙げられた、果実収穫高及価格(p115)には、梅、栗、生柿、枇杷の4種が挙げられています。
・『大阪府の柑橘』大阪府農会1928年【833/159/#】中之島所蔵
柑橘の産地として「豊能郡は二百餘年前から徐々に発達した箕面、秦野、池田、櫻井谷村などがある」(p3)とあり、柚子についての記述はありません。
・『明治前期産業発達資料 別冊110-2 大阪府和歌山県柑橘業調査報告書』明治文献資料刊行会 1972年【802/439/#】中之島所蔵
明治37年調査。「大坂府ノ柑橘」(p41-60)は、生産の多い泉北郡山瀧村を見聞した内容がほとんどで、柚子については記述はありません。
・『大阪府柑橘誌』【625.3/8N】中之島所蔵
豊能郡についての記述はありますが、柚子についての記載はありません。
・『大阪府農業史』【612.1/67N】中央・中之島所蔵
・『大阪府青果物流通統計年報』【621.4/61N】中之島所蔵 昭和40、昭和42、昭和47を確認 
・『大阪市中央卸売市場青果物流通年報 果実篇 昭和50年』【621.4/62N】中之島所蔵
・『箕面市勢要覧 昭和33年度版』1958年【435/2173/#】中之島所蔵
・『大阪府誌 第3巻』、『摂津名所図会』、『摂陽群談』ほか
・『もみじだより』2009年11月 NO.711 p2-5「箕面の柚子」※
・『箕面地域の植物調査』大阪府農林部林務課 1961年【655/585/#】※
・『箕面の自然 その生態学的基礎研究』1967年【605/23】※

[事例作成日:2014年7月8日]
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
果樹園芸  (625 8版)
参考資料
(Reference materials)
江戸後期諸国産物帳集成第8巻安田/健∥編科学書院 (175)
新編武蔵風土記稿57内務省地理局 (瀧野入村の項目)
止々呂美村誌小上/奝諄∥編輯止々呂美村役場 (177)
大阪の果樹農業昭和51年大阪府企画部統計課∥編集大阪府企画部統計課 (5,79)
キーワード
(Keywords)
柚子(ユズ)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
書誌事項調査
内容種別
(Type of subject)
大阪,地名・地域,その他
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000158961解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!