このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000252231
提供館
(Library)
旭川市中央図書館 (2300026)管理番号
(Control number)
H0063
事例作成日
(Creation date)
2018/02/26登録日時
(Registration date)
2019年02月27日 00時30分更新日時
(Last update)
2019年02月27日 00時30分
質問
(Question)
旭川市の「春光」の地名の由来について知りたい
回答
(Answer)
・春光町は昭和26年の町名変更により新設されたもので,決定の理由として「旧師団地域の通称に従いこれを公称とする」(「市の新町名きまる-正式使用は9月ころ」(『北海道新聞』昭和25年6月8日)とあり,町名の正式決定以前から春光と呼ばれていたようである。
・昭和22年,旭川市立春光小学校が開校,その校名の由来として「春光の名は市議会で種々協議された時,前市議会副議長の平通尊氏の発案であったと聞いている。何でもそば近くにある春光台からヒントを得,ここに学ぶ子等が春のひざしのように明るく,強く,和やかにあたかも当時示された教育基本法の精神を象徴して「春光」となった由」とある。(『春光 開校20周年記念誌』(旭川市立春光小学校 1967)
 そのほか,戦前期の新聞にも「近文2線5号春光町」など「春光」の名称がいくつか見られる。
・春光台の地名は,『小樽新聞』(大正14年1月26日)記事に明治36年泉法輪少佐が名づけたとの記述があるが,由来は不明。(『旭川近文台戦後開拓の顛末』(藤田明郎/著 私家版 2012))
回答プロセス
(Answering process)
回答のほか次の資料を確認
・『旭川市史稿』,『旭川市史』,『新旭川市史』
・『旭川第七師団』(示村貞夫/著 総北海 1984)
・『歴史再発見の旅 ~末広・春光~』(旭川市末広公民館 2002)
・『角川日本地名大辞典 1‐〔1〕』(角川書店 1987)
・『日本歴史地名大系 1』(平凡社 2003)
・『旭川市字名設定並に区域変更案説明書 昭和二十四年七月 計画課原案(旭川市)
・(内部用)新聞見出し検索データベース
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
地理.地誌.紀行  (290)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
地名
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000252231解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!