このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
公益財団法人吉田秀雄記念事業財団アドミュージアム東京ライブラリー (4210008)管理番号
(Control number)
2013-0003
事例作成日
(Creation date)
2013年08月30日登録日時
(Registration date)
2013年09月04日 18時43分更新日時
(Last update)
2013年12月19日 17時33分
質問
(Question)
藤沢薬品は神奈川県藤沢市にある会社か確認したい。
藤沢薬品のテレビCMで「東海道」「箱根」「藤沢」のフレーズが入ったCMソングがあったので藤沢に所在していたのではないか。
*CMは白黒だった。
*CMソングの歌詞詳細はインターネットから入手できた。
  「つんつん燕が東海道 とんとん飛びます急ぎます     
   箱根 小田原 大磯過ぎて 藤沢あたりで一休み     
   キシロ キシロ と ちょっとつぶやいた」
回答
(Answer)
当該テレビCMは間違いなく地名の「藤沢」が入っている「藤沢薬品工業」のものであったが(昭和33年制作または放映)、同社は藤沢市に所在がなく、当時から質問者同様勘違いが多発していたことが分かった。

1.藤沢薬品工業は、大阪府大阪市に本社があった。( 現アステラス製薬)
2.なぜこのような紛らわしいCMを制作したのかは不明。
3.アド・ミュージアム東京が所蔵する広告作品デジタルアーカイブAdDAS(アドダス)には所蔵がなく、実際のテレビCMは見ることができなかった。
4.当館には藤沢薬品工業の社史所蔵がなく、 この切り口からの調査ができなかった。
回答プロセス
(Answering process)
①CMソング詳細を調べる

CMが白黒だったとのことなので、テレビCM草創期~初期(昭和30年代前半)の作品と断定。
この時期のコマソンを多数収録した資料『シンギングコマーシャル集』が思い当り、めくる。

●請求記号:146-ZEN
『シンギングコマーシャル集―全日本放送広告会会誌 CM特集別冊―』
(全日本放送広告会 編 、発行、1960 )
→p.470に「藤沢薬品工業株式会社 つんつんつばめ」あり。作詞:サトウ・ハチロー。
→歌詞が同じだったので当該CMに間違いないことが分かった。
  曲のタイトルは確認できたものの年代やCMに関する記述は一切なし

②制作年代を特定し、広告作品を探す。

「藤沢薬品」、「つんつんつばめ」をキーワードにOPACを検索。
ヒットしたなかに視聴覚資料あり。AdDASではヒットがなかった。

●請求記号:R146-KIN-0001
『コマソン黄金時代:懐かしのTV-CM大全集:1954-1961(CD)』
(キングレコード 著、発行、1995 )

●請求記号:R146-TOS-1951
『懐かしのCMソング大全:1951-1959(CD)』
(東芝EMI 著、発行、1993)
→CMソングを聞くことはできたが、音楽CDのため動画はなし。添付資料などを見ても制作&放映年代の記載がなく、
 このCDの監修者・山川浩二氏の著作をあたる。

●請求記号:146-COM
『コマソン繁昌記 三木トリローから小林亜星――そして・・・ 』
(藤本倫夫、角南浩、山川浩二、今泉武治、椎橋勇 著、日本工業新聞社、1977 )
→p.131「工場の名称を変えたコマソン」
「このCMソングのおかげで、今から約20年前に藤沢にあった武田薬品の藤沢工場が 藤沢薬品と勘違いされて湘南工場に名称変更した」との記述があるが特定の年代記述はなし。
→ 同書の発行年が1977年(昭和52年)であることから1957年頃のエピソードと推察した。

以上のことから、年代を特定できないものの1950年代後半の作品であることはほぼ間違いない。
また、この時期はアニメーション&コマソンCMが全盛期だったので当該作品もアニメ―ションではないかと推察。

③さらに探す

テレビ以外の媒体でも広告を出しているのでは?と考え、
新聞紙面データベース「昭和の読売新聞 戦後Ⅰ(1946~1960)」で「藤沢薬品」を検索。
→ヒットした中から、CMソングの歌詞にある「キシロ」を商品名に使った 「キシロ軟膏」が見つかる。
→同データベースでの 初出は「1956年(昭和31)7月15日」。
→紙面を見ると、つばめのイラストを使った傷薬で「新製品」の文字もあり。
→年代、内容ともにほぼ間違いないと分かる。

当館OPACで「キシロ軟膏」を検索。ヒットあり。

●請求記号:146.2-TOK
『東京人:2007:No.248 特集:昭和30年代テレビCMが見せた夢』
(東京人編集部 著、都市出版、2007)
→p.31にCMを4コマで切り取った画像あり。新聞広告と同じつばめが登場するアニメーションだった。
→ 「藤沢薬品工業 キシロ軟膏」昭和33年、 「CMソングは三木鶏郎作詞作曲」とあり『シンギングコマーシャル』と記述が異なっていた。
→また、「歌詞にある「藤沢あたりでひとやすみ」から、実際には大阪にあった 藤沢薬品工業の本社が神奈川県藤沢市にあると勘違いする人も多かった」 との記述があった。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
広告.宣伝  (674 9版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
藤沢薬品(工業)
CMソング
コマソン
キシロ(キシロ軟膏)
つんつんつばめ
山川浩二
アニメーション
新聞広告
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査 所蔵調査
内容種別
(Type of subject)
地名
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000136711解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!