このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼久-2015-129
事例作成日
(Creation date)
2015年06月11日登録日時
(Registration date)
2016年02月05日 12時29分更新日時
(Last update)
2016年05月11日 16時45分
質問
(Question)
『大武鑑 中巻』(橋本博編 改訂増補 名著刊行会 1965) のp865「大岡主膳正」の項に「辱ノ口北角(二丁)」の記述があった。「辱ノ口」の読みが知りたい。地名であれば場所も特定したい。
回答
(Answer)
『大武鑑』を確認すると「辱ノ口」となっていたが、「辰ノ口」の誤りではないかと思われる。「辰ノ口」「龍の口」について記述のあった以下の資料を紹介した。

『岩槻市史 通史編』(岩槻市 1985)
p475 大岡忠固(忠正の弟、6代目)が「江戸城龍の口から馬に乗り、以下略」とあり。
 p489 江戸屋敷について、「上屋敷 辰ノ口 拝領弘化二年六月六日 上地嘉永五年七月二十三日 坪数不詳」とあり。

『角川日本地名大辞典 13 東京都』(「角川日本地名大辞典」編纂委員会編 角川書店 1979)
 p460「たつのくち 龍の口〈千代田区〉 [近世]江戸期の俗称地名。「江府名勝志」に「和田倉御門外也、御堀の余水の流也」とある。余水を落とす石製の吐水口を「龍の口」と称し、のちに付近一帯の俗称となった。江戸期には勅使を泊める伝奏屋敷、訴訟の裁定を下す評定所があった。現行の丸の内1丁目のうち」とあり。

『江戸東京地名事典』(本間信治著 新人物往来社 1994)
 p153「たつのくち 龍の口」説明中に「北方から東へかけて、武蔵岩槻藩大岡主膳正(2.3万石)、播磨姫路藩酒井雅楽頭(15万石)中屋敷、小普請方、御作事方などの屋敷があり」とあり。
回答プロセス
(Answering process)
『大武鑑』の出典に「大岡主膳正(中略)居城武州岩槻」とあったことから岩槻市史を調査した。
その他調査済み資料
『江戸城下変遷絵図集 別巻 1、2』(原書房 1988)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本  (291 9版)
関東地方  (213 9版)
参考資料
(Reference materials)
『岩槻市史 通史編』(岩槻市 1985)
『角川日本地名大辞典 13 東京都』(「角川日本地名大辞典」編纂委員会編 角川書店 1979), ISBN 9784040011301
『江戸東京地名事典』(本間信治著 新人物往来社 1994), ISBN 9784404020666
キーワード
(Keywords)
東京都-地名
岩槻藩
大岡主膳正
辰ノ口
辱ノ口
龍の口
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
地名
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000187883解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!